ブロリコの効果

広告などで見かける新成分、ブロリコとは何でしょう。
効果・副作用・飲み方の注意点など成分について紹介します。

ブロリコの効果記事一覧

ブロリコとがん

公式サイトで紹介された口コミを見ると、ブロリコを飲んだ方からこんな話が投稿されています。「悪性腫瘍が小さくなった! 主治医も驚いています」へえ、すごい! と思う方はいると思いますが「ほんとかよ」と胡散臭く感じる方もいるのではないでしょうか。私も「ほんとかよ」派です。そこで、サプリメント全般の効果につ...

≫続きを読む

 

ブロリコと免疫異常

ブロリコは、免疫異常への効果はあるともないとも言えません。サプリメントは医薬品とは違い、効果効能をうたってはいけないというきまりがあります。(※参考サイト 株式会社ヘルシーパス 薬事法)なので、免疫異常の改善が期待できるかは、なんともいえないところがありますが、個人的にはオススメしません。治療を受け...

≫続きを読む

 

ブロリコの副作用

ブロリコに副作用はありません。副作用の定義は、「投薬により、薬本来の効果の他に、好ましくない作用があらわれること」※参考 ウィキペディア 副作用 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8薬品で起こる不具合とされています。ブロッコ...

≫続きを読む

 

ブロリコはどんなもの?

ブロリコはイマジン・グローバルケアが東京大学との共同開発で発見した新成分です。ビタミンCやタンパク質豊富な健康野菜のブロッコリーから抽出されました。元々自然界にあったものを抽出したなら新成分とは言わないのでは……と、サプリメント不審気味の人は思ってしまいそうです。でも、ブロッコリーの成分を「健康効果...

≫続きを読む

 

ブロリコとスルフォラファンの違い

ブロリコとスルフォラファンは、ともにブロッコリーから抽出される成分です。どちらもブロッコリーの抽出成分。だったらスルフォラファンでも良いんじゃない?(価格もあちらの方が安いものがあるし、アマゾンや楽天で取り扱いがあるから買うのも楽だし……)と思ってしまうかもしれませんが、ブロリコとスルフォラファンは...

≫続きを読む

 

ブロリコはブロッコリーから摂取できる?

ブロリコはブロッコリーを料理して食べても、摂取できない成分です。ブロリコはブロッコリーに含まれていますが、そのままでは吸収することができず、排出されてしまいます。抽出した成分を加工することで、初めて効果が期待できるようになります。ブロッコリーを食べて摂取できるのはスルフォラファンブロリコと同じくブロ...

≫続きを読む

 

ブロリコは二日酔いに効く?

ブロリコは二日酔いの改善にも効果が期待できるかもしれませんが、二日酔いの改善のみが目的なら別のサプリメントをおすすめします。二日酔いでお悩みのときにおすすめしたいサプリメントは、スルフォラファンです。理由は、ブロリコでも二日酔いが楽になるかもしれませんが、価格はスルフォラファンの方が安く、目的にもあ...

≫続きを読む

 

ブロリコは花粉症に効く?

ブロリコに期待できるのは、NK細胞などの免疫の活性化です。なので、免疫に関係して起こる「花粉症」にもなんらかの効果があるかもしれません。利用した方の口コミにも、花粉症が楽になったという意見があります。ところで、花粉症って何だっけ?花粉症でお悩みの方はすでにご存知だと思いますが、花粉症は免疫の異常な働...

≫続きを読む

 

ブロリコとβグルカンとフコイダンについて

公式サイトでは、ブロリコの摂取で期待できる効果が紹介されていますよね。期待される効果は免疫の活性化。そのパワーを分かりやすく示すために、公式サイトでは「βグルカン」「フコイダン」という成分を比較に使っています。※画像引用元 ブロリコ研究所この二つの成分は一体何でしょうか?

≫続きを読む

 

ブロリコを飲みすぎるとどうなる?

ブロリコは医薬品ではなくて食品なので、一日何錠をいつ飲むといったふうに細かい決まりはありません。ブロリコは利用される方の状態によって、1日あたり3〜18粒摂取されているようです。(←資料を請求したときに、対応のメールに書いてありました)このように摂取量は細かく決まっていませんが、目安量より大幅に多い...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ