UA-40218979-1

ブロリコがん

ブロリコはガンの予防やがん治療の効果があるのか?


ブロリコは免疫を活性化することが
試験によって検証された成分です。

 

免疫の活性化とがんの治療、予防には
関係が深いことから、
ブロリコのサプリメントを、ガンの治療や予防を目的に
利用したという口コミも見られます。

 

また、がん免疫療法を行っている
湘南メディカルクリニックなど、
医療機関でもブロリコが取り扱われています。

 

※湘南メディカルクリニックで取り扱われているのは、
医療機関用のブロリコです。
インターネットで販売が行われているブロリコとは
別のものとなっています。

 

 

ブロリコをがん治療や予防を目的に摂取する方はいるようです。

 

ただ、ブロリコをガンの治療や予防に利用するときは、
いくつか知っておきたい情報があります。

 

この記事では、それらのことについてまとめました。

 

 

 

ブロリコは抗がん剤ではなく食品

 

 

サプリメントとして販売されているブロリコは、
見た目こそ薬と変わりない錠剤ですが、
抗がん剤のような医薬品ではなく、食品です。

 

 

ブロリコの名称を見てみると、
このようになっています。

 

サンプルのパッケージの裏側です。
▼▼▼

 

名称が【ブロッコリー抽出物加工食品】と
なっていますね。

 

 

ブロリコが医薬品ではなく食品として扱われていることは、
その効果について考える上で、
大切なポイントになります。

 

医薬品と食品は、
表示されている製品の名称が違うだけではなく、
その他のいろいろなことで、はっきりと区別されています。

 

 

近くに頭痛薬など医薬品のパッケージがあれば
確認してみていただきたいのですが、

 

第三類医薬品など、
【医薬品】と名前がついているものでは、パッケージや説明書に、
効果効能がはっきりと表示されていると思います。

 

たとえば、
▼▼▼

 

こちらは第三類医薬品のダイラップEの
箱の裏側です。

 

効果・効能のほか、
用法・用量が指定されていますね。

 

 

このように、医薬品では
効果効能や用法・用量がはっきりと表示されていますが、
食品ではこのような表示をしてはいけないことが決められています。

 

 

サプリメントなどの食品が、
医薬品のように効果効能を表示してしまうと、
薬事法という法律に違反することになるのです。

 

 

薬事法とは、健康を守ることを目的に、
医薬品、医薬部外品、化粧品および医療機器を
規制したり必要な措置を行うための法律です。

 

 

そのため、食品は薬事法によって
直接規制を受けるわけではありません。

 

ただ、好き勝手にしていいということではなく、
食品も薬事法によって制限を受けます。

 

食品は、医薬品のように効果効能を表示したり、
医薬品でしか使えない成分を使ったりして、
薬事法で規制される世界に入ること自体が、
禁止されているのです。

 

 

サプリメントなどの食品で
してはいけない表現の例をあげます。

 

  • 便秘を治す
  • 肝障害・腎障害を治す
  • ガンが治る

 

 

など、医薬品と同等に、
病気を治療できたり、予防できたりするような書き方は
許されていません。

 

 

ブロリコの場合も、抗がん剤とは違い、
メーカーがガンの治療効果を表示することは、
してはいけないことです。

 

ブロリコをガンの治療や予防に利用するときには、

 

法律によって
ガンの治療効果・予防効果を表示することが
許されているものではない

 

ことに留意してください。

 

 

 

 

 

※情報源となっているのは、こちらのサイトです。
薬事法広告研究所 
薬事法違反となる判断基準 http://www.89ji.com/law/3012/
健康食品と薬事法 http://www.89ji.com/law/2996/

 

 

 

 

ブロリコは抗がん剤と併用するさい、飲み合わせに注意が必要か?

 

 

ブロリコは食品なので、
飲み合わせに神経を使う必要はありませんが、
一部の医薬品と
相互作用のある栄養素が含まれています。

 

ブロリコは3粒あたり、
ビタミンKが432ナノグラム、
カリウムが7.77ミリグラム含まれています。

 

この量は、成人の1日あたりの摂取量の
1%未満と微量ではありますが、
より安全に利用するには、担当医に相談することを
おすすめします。

 

 

 

口コミで投稿された、がん治療への影響

 

 

ブロリコはamazonで販売されており、
レビューも投稿されています。

 

レビューの中には
ガンの経過に良好な変化を実感したという意見があった一方で、
変化を一切感じられなかったという意見もあります。

 

体調の変化の実感には個人差があるほか、
行っているがん治療の内容や病状によっても、
差が出てくることが考えられます。

 

ここでは変化の感じ方の例として、
amazonに投稿されたレビューを紹介しています。

 

 

※原文を全て引用すると問題が出るおそれがあるので、
意味を変えずにリライトして掲載しています。

 

 

 

個人差があるのでしょうか。
ブロリコの購入は二度目になり、飲み続けていますが、
効き目のほうは不明です。

 

現在肺がんで抗癌剤による治療を受けており、
定期検診でレントゲンと採血検査をしていますが、
検査結果にこれという変化はありません。

 

医師にブロリコのことを話したところ、
止めたほうがいいと言われました。

 

患者さんの中には、色々と飲まれている方がいるそうですが、
効果があったことはないそうです。

 

いろいろ効きそうなものがあるのですが…

 

 

ブロリコは免疫療法を行う医療機関、
湘南メディカルクリニックなどでも取り扱われていますが、
医師によっては否定的な意見があるようです。

 

 

 

前立腺がんにかかっており、
担当医には内緒でブロリコを飲みました。

 

結局、PSA値が上がってしまって、
前立腺がんには、良い変化を感じられませんでした。

 

 

詳しい事情はレビュー原文からは読み取れませんが、
ブロリコの成分が、何らかの薬剤と相互作用を
起こしてしまったのかもしれません。

 

サプリメントの中には、医薬品との相互作用によって
健康への悪影響が報告されているものがあります。

 

ガンなどの重大な病気の治療をしている場合は特に、
ブロリコなどのサプリメントを利用するさいは、
担当医に相談したほうが安全です。

 

 

 

このように、効果がないと感じた意見もある一方で、
良い変化を実感したとの意見も投稿されています。

 

乳がんにかかってからブロリコを知って、飲み始めました。
副作用が軽くなったのを感じて、体が軽いように思います。

 

朝も眠い!とは思いますが、
目が冷めた後はだるさも眠気もなく、
早朝5時からの家事もできています。

 

子供が二人いて、育児の方も
毎日追いかけ回したり叫んだり、
どうにかなっています。

 

 

こちらはレビュー原文には抗がん剤のことは
はっきり書いてありませんでしたが、

 

「副作用が軽くなった」と書いてあるので、
薬剤によるがん治療の副作用で、
苦しんでいたのかもしれません。

 

副作用が軽くなり、体調が整ったことを
実感したという投稿もあるのですね。

 

 

 

 

結局がんの治療や予防にはいいのか。駄目なのか

 

ブロリコは癌腫瘍を小さくする効果を
謳っているものではないこと、

 

口コミでは実感に個人差があること、

 

これらのことを考えると、
ブロリコがガンの治療や予防に役立つかどうかは、
試して確かめるほかなさそうです。

 

 

ただ、すでに治療を行っている場合は、
担当医に相談してから利用してください。

 

公式販売サイトのFAQでは、
薬を飲んでいる場合は、病院の治療方針があるので、
ブロリコを使うときは担当医に相談してほしいと書かれています。

 

また、ブロリコは飲み合わせに
神経を使わなくてはならないものではありませんが、
一部の医薬品の効果に影響する成分が、
微量は含まれています。

 

 

医師に相談するときに、ブロリコについて情報が必要なときは、
資料を取り寄せてみませんか?

 

 

私が資料を取り寄せたときには、
一回分のサンプルがついてきたので、
試供品の代わりとして使えるほか、

 

担当医に相談するさいにも、
資料やサンプルが役立つと思います。

 

 

 

資料を請求するときは、こちらの画像をクリックして、
ブロリコ研究所へ移動できます。
▼▼▼

 



 

ブロリコはがん予防に有効なのか

 

ブロリコは、ガンの治療においては
過度な期待はしないほうがいいように思います。

 

ブロリコは腫瘍を縮める薬品ではなく、
あくまで免疫力を高める可能性がある、
食品だからです。

 

では、ガンの予防においては、
ブロリコは有効なのでしょうか?

 

ガンの予防に使えるかどうか判断するには、
ブロリコの成分の情報が役立ちます。

 

 

 

ブロリコとは

 

ブロリコは、サプリメントの商品名でもあり、
成分の名前でもあります。
ここでは成分としてのブロリコについて紹介します。

 

ブロリコは、ブロッコリーから抽出される成分の名前です。
人の免疫力を高める可能性が、実験によって検証されており、
医療業界で注目されています。

 

ブロリコが免疫を活性化することは、
カイコを用いた試験によって発見されました。

 

行われた試験の内容は、
カイコの筋肉に免疫を活性化する成分を注射する
というものです。

 

カイコと人ではあまりに違いが大きく、
カイコが対象の試験では、
信憑性が薄いように感じられるかもしれません。

 

カイコは大きさも形も人とは大きく違いますが、
体の仕組みには共通点があります。

 

人と同じ病気にかかり、同じ薬で効果が出るのです。

 

また、カイコは免疫が活性化すると
筋肉が収縮し体を縮めることから、
体の縮み具合を見ることで、
免疫が活性化した度合いを測ることができます。

 

 

 

カイコを対象とした試験の結果、
ブロリコはβグルカンやメカブフコイダンなど、
免疫を活性化するとされている成分よりも
格段に強い免疫効果が測定されました。

 

ブロリコは免疫細胞を活性化し、
中でも、ナチュラルキラー細胞と好中球を
活性化する作用が強いことが確認されています。

 

 

では、免疫力の活性化とがん予防には、
どのような関係があるのでしょうか。

 

 

 

免疫力とガン予防の関係

 

 

無菌室など特別な環境ではない限り、
自然界にはさまざまな雑菌が
いたるところに暮らしています。

 

食中毒のもとになる黄色ブドウ球菌は、
人や動物のの手指や鼻、喉などに存在している、
身近な菌です。

 

O157などの病原性大腸菌は、
肉などの食品や井戸水に生息しています。

 

このように、
人は病原菌がウヨウヨしている環境で暮らしている上、
体内では毎日新たな細胞が作りながら、
ガン細胞も生み出してしまいます。

 

病気の元となるものは、
体の中にも外にも、身近なところにあるのですね。

 

それでも人が簡単には病気にならないのは、
免疫力が働いているためです。

 

 

ガン細胞が発生してもガンを発症しない理由は?

 

 

人の体は、数多くの細胞でできています。

 

人の体はつねに作り直されており、
生まれてからずっと、同じ細胞が体内で働くわけではありません。

 

体内では細胞が、たえず新たに作り出されており、
古くなったものが新しい細胞と、一定のサイクルで
入れ替わっています。

 

毎日新たに作られる細胞の数は、
一兆個にもなると言われています。

 

それらの細胞は、全てが体の中で正常に働くわけではありません。
中には、ガン細胞のような異常な細胞もあります。

 

 

ガン細胞は、一説によると健康な人であっても、
毎日5000個ほどが生まれていると言われていますが、
そのほとんどのガン細胞は、成長する前に死んでしまいます。

 

人の体は免疫という防衛の仕組みを持っていて、
ナチュラルキラー細胞などの免疫細胞がつねに活動し、
ガン細胞などの、体に害がある異物を退治してくれているからです。

 

人の体はガン細胞を作り出してしまいますが、
同時にガン細胞が好き勝手に暴れまわるのを
防ぐ仕組みも持っているのですね。

 

 

 

免疫力はさまざまな原因で衰える

 

 

人の体を病気から守ってくれる免疫力ですが、
この力はさまざまな原因で衰えてしまいます。

 

 

たとえば、不規則な生活は
免疫細胞のひとつである
ナチュラルキラー細胞を弱くする原因のひとつです。

 

免疫力は昼の活動時には高く、
夜の休息中は低くなるといったふうに、
周期的に上下します。

 

そこに徹夜が続くなどの不規則な生活をすると、
ナチュラルキラー細胞が働くリズムが崩されて、
体を守る力が弱まってしまいます。

 

ストレス、食生活の乱れも、ナチュラルキラー細胞には
悪い影響を与えます。

 

これらストレスや生活習慣は、
工夫次第で避けることのできる問題ですが、
免疫力が弱まる原因の中には、どうしても避けられないものがあります。

 

それは年齢です。

 

人は誰でも年令を重ね、肌や身体機能が衰えていきますが、
免疫力もまた、二十歳前後をピークに弱くなっていきます。

 

 

年令を重ねると、若い頃よりも
結婚や仕事などで責任が重くなる方が多く、
子供時代よりずっと辛いストレスを感じている方もいると思います。

 

中には、仕事などの都合で
不規則な生活をせざるを得ない方も
いるのではないでしょうか。

 

ストレスや生活の乱れは、
生活する上で仕方がない面もありますが、
それらが免疫力を弱らせてしまうことは、
知っておきたいところです。

 

 

また、病気や病気の治療で使われる副作用も、
免疫力の低下をもたらすことがあります。

 

体を守る免疫力は、デリケートなものなのですね。

 

 

免疫力が低くなるとどうなるのか

 

 

免疫力が低下することは、
病気の発症リスクが高まることにつながります。

 

中でもナチュラルキラー細胞の活性が低くなると、
病気が発症する危険性が高くなることは、
埼玉県立がんセンターの研究によって明らかになっています。

 

免疫力の低下は、がんを予防する上でも
マイナスの要因になります。

 

 

免疫力がガン細胞の勢力に抵抗している間は、
ガン細胞は増殖を抑えられています。

 

しかし免疫力が弱まることで、結果として
ガン細胞が免疫力より強くなってしまうと、
ガンは免疫による攻撃を退けて、
一気に勢力を広げるおそれがあります。

 

 

そのため、免疫力を活性化することは、
ガンなどの病気を防ぐ上で大切なポイントになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

※記事の情報源として、こちらのサイトを参考にしています。

 

ヘルスケア大学 ガン細胞の発生と「免疫力の関係」(医師監修)
http://www.skincare-univ.com/article/011022/

 

ブロリコ研究所
http://www.brolico-research.jp/page/immunity03.html

 

その他、ブロリコ研究所に申し込んで取り寄せた、
資料を参考にしています。

 




ブロリコ利用を検討中ならチェックしたいこと


ブロリコは公式サイトで、
全額返金保証つき、
初回の1箱目が半額になる特典があります。

詳しくはこちらをクリックして確認できます。
▼▼▼




サンプル代わりのお試し品として
本製品を利用できるということですが、
いきなりお金を払うことに抵抗があるのも自然なことです。

少量飲んで、

飲める味なのか?
体質に合わないということはないか?

確認するなら、こちらの資料請求が使えます。

私が資料を取り寄せたときには、
一回分のサンプルがついてきたので、
試供品の代わりとして十分です。

請求のために住所などの個人情報を教えた途端、
要らないメールや郵便物の嵐!
ということにもなっていないので、
資料を請求して企業の対応にも安心できましたよ。


資料を請求するときは、こちらの画像をクリックして、
ブロリコ研究所へ移動できます。
▼▼▼




免疫を高めるために


ホーム RSS購読 サイトマップ