UA-40218979-1

ブロリコスルフォラファン

ブロリコとスルフォラファンの違い


ブロリコとスルフォラファンは、
ともにブロッコリーから抽出される成分です。

 

ではスルフォラファンがいいのではないか?
価格もブロリコよりもスルフォラファンが安いサプリメントがあり、
アマゾンや楽天での取扱も豊富…

 

そのように思われるかもしれません。

 

ただ、ブロリコとスルフォラファンは似ているようでいて、
摂取する目的が違う成分です。

 

価格や購入のしやすさだけではなく、
目的に合った成分を選ぶために、
両者の違いをはっきりさせておきましょう。

 

 

 

この記事でまとめている内容

 

  • ブロリコとは
  • スルフォラファンとは
  • 両者が似ているところ
  • 違うところ
  • どちらを選ぶのがいいのか

 

 

ブロリコとは

 

ブロリコは東京大学とイマジン・グローバルケアが
共同で特許を申請した成分です。

 

ブロリコはブロッコリーに含まれている成分ですが、
ブロッコリーをそのまま食べてもほとんど体には吸収することができません。
抽出され、サプリメントという形に加工されて、吸収できるようになります。

 

 

どんな目的で摂取されるのか

 

ブロリコを摂取する目的は、免疫の活性化です。
ブロリコの摂取によって免疫が活性化する可能性は、
試験によって検証されています。

 

 

試験によって免疫を活性化する作用が検証されています。

 

 

カイコにさまざまな栄養成分を投与し、
その成分がどれだけ免疫を活性化するかを
測定するという実験では、

 

ブロリコは
プロポリスの1000倍以上、
スルフォラファンの100倍以上、
メカブフコイダンの約60倍
アガリクスの約50倍の活性化が確認されました。

 

 

人を対象にした試験を行った結果では、
平均で10パーセント程度の
免疫の活性化が確認されています。

 

 

 

 

 


カイコは絹をとるために育てられている、
あの白い芋虫です。

 

人と同じ病気にかかり、同じ薬で治療できるという
見た目を考えると意外な特徴を持っており、
ブロリコの作用を測定するための、
試験対象となりました。

 

 

 

免疫が活性化すると、どのような体調の変化を望めるのか?

 

免疫が活性化することは、
健康状態に広い意味で良い影響を及ぼします。

 

 

免疫は私たち生き物の体内で、
体を守るために働いている仕組みで、
体の中で有害な異物を攻撃し、体を守っています。

 

免疫が体の中で果たしている役目は、

 

「インフルエンザウイルスなどの、
体の外から侵入してくる有害な異物を攻撃して無害化する」

 

「ガン細胞といった、
体内で生まれる異物を攻撃して無害化する」

 

これらの働きを正常に保つことで、
病気の予防につながります。

 

逆に、
不規則な生活や年齢などが理由で免疫が弱まっている場合、
体を守る力が衰えるために、病気や炎症が起こりやすくなったり、
治りが遅くなるおそれがあります。

 

体調不良が慢性的に続いていたり、
風邪をひきやすかったり、口内炎に悩んでいたりする場合は、
免疫が衰えているのかもしれません。

 

 

ブロリコは医療業界からの推薦を受けている

 

ブロリコは免疫の衰えや
体調の悪さを気にする方に利用されており、
医療業界からも推薦を受けています。

 

免疫を高めるためには、規則正しい生活と良い食事など、
良い習慣を持つことが必要ですが、
それと合わせてブロリコなどの、免疫活性化のための成分を
摂取することがすすめられているのです。

 

 

 

 

スルフォラファンとは

 

 

スルフォラファンは、
ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜に含まれる
フィトケミカルの一種です。

 

※フィトケミカルとは、植物由来の化学物質のこと。
生きるうえで必須の成分ではないが、
摂取することで健康上好ましい効果が期待できる。

 

 

ブロリコと違い、ブロッコリーやブロッコリースプラウトを食べることで、
摂取できる成分です。

 

 

スルフォラファンの望ましい摂取量【何をどれくらい食べればいいのか】

 

健康状態の改善を期待する場合、
スルフォラファンの望ましい摂取量は一日で30mg程度です。

 

この摂取量は、ブロッコリーでとる場合は250g程度。
ブロッコリースプラウトでとる場合は40g程度になります。

 

スルフォラファンの効果は
3日ほど持続すると考えられているので、
二日〜三日おきに摂取しても効果が期待できます。

 

 

スルフォラファンによってどんな体調の変化が期待できるのか

 

スルフォラファンは
抗酸化作用と解毒作用を持つと考えられています。

 

抗酸化作用、解毒作用は、体内でこのように働きます。

 

  • 酸化が体に与えるダメージを軽減。肌の老化やガンを抑制
  • 解毒作用によって肝臓の機能を補助。アルコールの分解を助ける
  • 解毒作用によって発ガン物質を無効化する
  • ピロリ菌の殺菌

 

 

体内の有害物質を無害化する、
という働きはブロリコと似ていますね。

 

 

 

 

 

ブロリコとスルフォラファン、両者が似ているところ

 

ブロリコとスルフォラファンは、
摂取する目的など、似ているところが多い成分です。

 

これらふたつの共通点は、

 

  • ブロッコリーから抽出できる成分であること。
  • 体内の有害物質を無害化する目的で摂取される成分であること。

 

ともにブロッコリーから抽出できることから、
サプリメントのパッケージも緑色を使った
似た感じの製品があり、混同しやすいかもしれません。

 

このように似ている一方、ふたつの成分には違いがあります。

 

 

 

 

両者の違うところ

 

 

ブロリコとスルフォラファンは、ともに
免疫を活性化する作用が、実験で確認されている成分です。

 

ただ、免疫を活性化する力に違いがあり、
カイコを対象とした実験では、
ブロリコはスルフォラファンの、
100倍以上の活性効果が確認されています。

 

 

また、摂取の仕方にも違いがあり、
スルフォラファンはブロッコリーなどの食品から摂取できますが、
ブロリコは抽出の過程を経て
サプリメントとして加工されたものでなければ、
体に吸収されません。

 

 

 

どちらを選ぶのがいいのか

 

 

ブロリコとスルフォラファン、どちらを選ぶかは、
目的によって選ぶことになります。

 

病気の予防や体調の改善のために、
より効率的に免疫の活性化を望んでいるときは、
ブロリコをおすすめします。

 

 

一方、肝臓のケア、肌のケア、ピロリ菌の対策として摂取するなら、
スルフォラファンが目的に合うと思います。

 

 

 

ブロリコが目的に合うときは、成分について、
さらに詳しく確かめたいと思います。

 

ブロリコについては無料で資料を請求できるほか、
返金保証がついたモニターコースが用意されています。

 

利用を考えている方には、
それらのサービスが役に立つと思います。

 

 

 

【まずは成分について、よく知りたいときは資料請求が役立ちます。
請求はこちらをクリック】
▼▼▼


 

 

飲んで確かめるなら

 

 

ブロリコの公式販売サイトでは、
初回のお試しのお金の負担を軽くするため、
特典が用意されています。

 

特典として特に大きいのは、
この2つです。

 

初回の1箱目が半額になる
返品不要で全額返金OK

 

 

最初の1箱目は安くお試しでき、
気に入らなかったときは返金保証を使って、
実質無料にできるのですね。

 

 

 

【初回のお試しにこそ利用したいモニターコースについて、
詳しくはこちらをクリックしてご確認ください】
▼▼▼



※画像クリックで公式販売サイトへ移動します。

 

免疫を高めるために


ホーム RSS購読 サイトマップ