UA-40218979-1

ブロリコ花粉症

ブロリコは花粉症に効くのか、効かないのか。

 

つらい花粉症がブロリコで解消するなら、
言うことはありませんよね。

 

なっていない人にとっては、たかが花粉症でも、
実際に、季節ごとに目のかゆみやくしゃみに悩まされるのは、
ゆううつなものがあります。

 

ブロリコが花粉症に良いらしいと聞いて、
花粉症対策としてブロリコの利用を考えている方も、
少なくはないのではないでしょうか。

 

ただ、ブロリコは花粉症の予防や治療効果を保証した、
治療薬ではありません。

 

 

あくまで食品として販売されているため、
医薬品のように、特定の病気を治したり、
症状を抑えたりする効果は、保証されていないのです。

 

 

食品と医薬品は、法律によってはっきりと区別されています。

 

 

医薬品では効果効能の表示が許されていますが、
ブロリコはあくまでブロッコリー抽出物を原材料とした食品のため、
医薬品のように、効果を保証することができません。

 

これは薬機法などの法律によって、
決まっていることです。

 

たとえ花粉症の改善に役立つように思われても、
メーカーが販売ページなどで花粉症の治療効果を謳ったり、
このサイトのような紹介記事で、花粉症が治ると書いたりすると、
問題になります。

 

 

amazonのブロリコのレビュー投稿では、
ブロリコを始めてから花粉症が
良くなったといった意見も見られますが、
それはブロリコに保証された効果ではなく、
個人の使用感になります。

 

 

 

そのためブロリコが花粉症の改善に役立つかどうかは、
成分の情報を調べたりして判断することになります。

 

 

ブロリコは摂取することによって、
免疫力を活性化する可能性のある成分です。

 

人以外の生き物を対象とした動物実験で、
免疫を活性化する性質が確認されているほか、
人を対象にした試験でも、好ましい結果が出ています。

 

人を対象にした試験では、
20人の対象者が1ヶ月間ブロリコを摂取し、
摂取する前後で血液検査を行い、
その結果を比較されました。

 

試験の結果、
免疫細胞の一種であるNK細胞が、
活性化したことが確認されています。

 

 

また、利用者からブロリコ研究所に寄せられた手紙では、
花粉症が楽になったなど、体調が改善したという感想が
報告されています。

 

 

 

ただ、
ブロリコは花粉症の治療薬ではないため、
ここでは「ブロリコで花粉症が楽になります!」
とは、おすすめすることができません。

 

 

花粉症が楽になるかどうかは、
飲んで試すのが確実ということになるのですが、
そこで問題になるのは価格のことですよね。

 

 

ブロリコは約1ヶ月分90粒が、
定価で5962円となっています。

 

効果の保証もないものに、
簡単に払える金額ではありません。

 

 

 

ここまで読んでいただいて、おそらく、
ではブロリコを買って試してみよう!
と、購入に前向きになった方は、
いないのではないでしょうか。

 

 

 

まずは情報収集から始めるときは、
ブロリコ研究所での資料請求が役立ちます。

 

2017年10月25日の時点では、
無料の資料を請求すると、
ブロリコ3粒、約1日分のサンプルが同封されていたので、
本製品を購入するかどうかを検討するために役立ちました。

 

 

たった3粒では体調の変化までは分かりませんが、

 

飲める味なのか?
3粒飲んだだけで体調や体質に合わなくて、
アレルギーらしき症状が出たりしないか?

 

体調の変化以前に大事なことを、
確認するためには十分です。

 

 

【資料を請求するときは、こちらをクリックして、
ブロリコ研究所のサイトへ移動してください】
▼▼▼


 

 

3粒のサンプルだけでは足りないときは、
90粒入りの本製品を試す方法があります。

 

 

ブロリコに限らず初めてのサプリメントで、
本製品をお金を払って買うのは不安なものですが、

 

ブロリコの公式販売サイトでは、
本製品を初めて試すときの不安に対しては、
十分配慮されています。

 

実質無料で試せるよう、特典が用意されているのです。

 

 

ブロリコはamazon、yahooショッピングなどで、
いくつかのショップサイトで取り扱われていますが、
中でも公式販売サイトでの特典は手厚いものになっています。

 

 

公式販売サイトでは、人数を限定して
以下の特典が用意されています。

 

 

  • 1箱目が半額になる
  • 期限内なら返品不要で全額返金OK
  • 2個目以降も、ずっと10%オフの割引価格になる

 

送料もかかりません。

 

 

この特典を利用するとき気をつけたいのは、
単品で一回きりのお届けではなく、
定期コースでの注文になることです。

 

解約しない限り、定期的にブロリコが届く購入方法なので、
続けないときにはメリットはありません。

 

ただ、ブロリコについては定期コースに申し込んでも、
解約は自由です。

 

初回の1箱目を受け取ってから、
1ヶ月目で解約し、2箱目は受け取らずに
済ませることもできます。

 

ちなみに定期コースの解約は
電話1本で済みます。

 

>>実際にブロリコ定期コースを解約したときのことをまとめた記事はこちらです

 

 

返金可能なら本製品を試してもいいと思ったときは、
こちらの公式販売サイトで、価格などの詳細を確かめられます。
▼▼▼


 

以上、ここまでが
ブロリコが花粉症に効くのかどうか、
参考になりそうな情報のまとめです。

 

ここから先は参考として、
花粉症の原因、
花粉症と免疫の関係、
ケアにおすすめの食品についてまとめています。

 

 

春だけじゃない?夏や秋にも症状が出る花粉症の原因を探る!

花粉症の症状

 

私たちの目には見えにくいですが、
一年を通して様々な植物の花粉が飛んでいます。

 

この花粉が体内に入るとアレルギー反応を起こして、
くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が出てしまう方がいます。

 

この症状を医学的には季節性アレルギー性鼻炎といいますが、
一般的には花粉症と呼ばれています。

 

現代の日本人の4人に1人が花粉症といわれており、
発症すると鼻や目の症状の他に皮膚の痒みや咳、
下痢といった様々な症状が起こります。

 

 

花粉のメカニズム

 

 

では、なぜ花粉が
様々な症状を引き起こすのでしょうか?

 

 

花粉が鼻や口から体内に入ると
排除すべきかどうか体内の免疫細胞が考えます。

 

そして、排除すべきと判断されると
IgE抗体という物質を作ります。

 

IgE抗体で花粉を攻撃して排除しようというわけです。

 

このIgE抗体は、体全体に存在しますが、
鼻や目にある肥満細胞と合体するヒスタミンという物質を分泌します。

 

ヒスタミンで鼻や目の粘膜を刺激し、
くしゃみや鼻水、涙などを出して
外に追い出してしまおうと肥満細胞は活発に働きます。

 

咳が出たり下痢の症状が出るのも
外に追い出そうとする反応の1つです。

 

しかし、肥満細胞が活発に活動しすぎてしまうと
ヒスタミンの量が過剰になり、
様々な反応が体内で起きてしまいます。
これが花粉症を発症するメカニズムです。

 

花粉症の治療薬には、
抗ヒスタミン薬と明記されていることからも分かるように、
ヒスタミンは花粉症の原因になります。

 

花粉症を重くするもの

 

体内に入った花粉を追い出そうとした働きが
活発過ぎて花粉症の原因になるのですが、
食生活なども花粉症と関係があります。

 

その1つは肉、卵、魚などのたんぱく質の取り過ぎです。
たんぱく質は体に必要な栄養成分ですが、
取り過ぎると肥満細胞の活動を促してしまい
外から入る異物に対して過剰反応を起こしやすくなります。

 

ですから、たんぱく質の摂取量には気をつける必要があります。

 

糖分アルコールの取り過ぎも症状を重くする原因になります。

 

糖分が体内に吸収されると
ヒスタミンの分泌量を増加させてしまうため、
症状を重くしてしまいます。

 

また、糖分の取り過ぎは、
交感神経のバランスを乱してしまい
鼻水や鼻づまりなどの症状が出やすくなります。

 

アルコールを飲むと、体内でアセトアルデヒドという物質が作られます。
このアセトアルデヒドは、ヒスタミンの分泌を促す働きをするため、
症状が悪化しやすくなります。

 

 

生活環境も花粉症に影響を及ぼすといわれています。
都市部はアスファルトの表面についた花粉が、
走行する車や電車などによって舞い上がりやすくなります。

 

しかし、田畑が多い田舎は花粉が土に密着してしまうため、
通行する車で舞い上がることが少なくなります。

 

また、排気ガスに含まれる物質が
花粉症を悪くする原因として考えられています。

 

 

花粉症は、様々な原因が絡みあっています。
薬を飲むことも症状を抑えるために良いことですが、
食生活なども見直すことも大切です。

 

 

===PR
ブロリコの利用を検討中なら、
まずは資料を請求して、成分について調べてみませんか?

 

資料請求はこちらをクリック
▼▼▼



===

花粉症と免疫の関係/細胞の勘違いが花粉症を生む

花粉症は免疫が原因?

 

春先になると天気予報を見る時間が
緊張感と憂鬱な気分にさいなまれる人が
多くなります。

 

花粉症を発症している日本人の総数は
2,000万とも3,000万とも言われ5人に1人の割合になり
年々その数が上昇傾向にあります。

 

一度発症してしまうと治癒するのが難しいと言われたり、
毎年薬をもらう人が後を絶ちません。

 

そもそもなぜ花粉症になってしまうのでしょうか。
実は花粉症と免疫は密接な関係があります。

 

 

免疫細胞の働き

 

血液の中の白血球に
さまざまな免疫細胞が含まれています。

 

体の免疫力は空気中に浮遊しているウイルスや菌が
体内に侵入するのを防ぐ役割を担っています。

 

また一度体内に入ったウイルスに対して
白血球内のT細胞が、
体内の他の免疫細胞に抗体を攻撃する命令を出し、
ウィルスを死滅させます。

 

ウィルスを攻撃・排除すべくIgE抗体と言う武器を生成させ、
これが菌を除去する役割を持ちます。

 

T細胞はウィルスの監視役と言えます。
風邪などの菌が鼻や目から侵入しようとすると、
菌がIgE抗体と結合してヒスタミンが分泌され、
体内への侵入防止と体外への放出を試みます。

 

このアウトプットとしてくしゃみや鼻水・鼻づまりが発生するのです。

 

 

免疫力の低下が風邪菌と花粉を勘違いする

 

 

幼少期は花粉症にならなかったのに
大人になるに連れて発症するというのが
昔は一般的でしたが、
最近は子供の花粉症患者の増加が問題視されています。

 

 

原因はT細胞の監視能力にあります。

 

免疫力は2・30代がピークと言われ
その後は下降線の一途で、老化とともにそれが低下します。

 

このせいでT細胞の監視能力が衰え、
花粉と風邪菌の形態が似ている事も相俟って
それらの区別が付かず、結果
風邪のような症状を引き起こしてしまうのです。

 

子供の花粉症も、体の発達の差や、
生活習慣による免疫力の低下が原因とも言われています。

 

 

風邪よりも症状が悪化するのは、
空気中を舞う花粉の量が
風邪菌よりも圧倒的に多いためで、
花粉シーズンは四六時中菌を浴びているようなものなので、
体内に侵入を試みようとする花粉の量も増え、
比例してIgE抗体も大量に分泌されるため
鼻水や涙の量が増えてしまいます。

 

 

まとめ

 

抗ヒスタミン剤や風邪薬は
発生している症状を軽減することが目的で
体内の菌を除去する効果は持ち合わせていません。

 

T細胞をメンテナンスしない限り
毎年花粉症に苦しみ続ける理屈がここに存在します。

 

毎年の予防接種やメガネやマスク、
衣類についた花粉を落として症状緩和を促すと同時に
免疫力を強化することが花粉症改善に必要不可欠です。

 

免疫力を引き上げるためには
食生活や良質な睡眠が必要不可欠です。

 

ヨーグルトは体の免疫力UPに効果的な食材と言われています。
腸が体内に存在する免疫細胞の60%以上が
集中していると言われる免疫力の塊であり、
腸内環境を活性化させる
ビフィズス菌を多く含んでいることが所以です。
花粉症対策は免疫力をが上げる事から始まるのです。

 

 

===
ブロリコは免疫力を活性化する可能性がある成分です。
詳しくはこちらのサイトで、資料を請求できます。
▼▼▼



===

花粉症対策にお勧めの食事

日本人の悩みの種の1つと言っても過言ではない花粉症は、
統計によれば日本国民の5人に1人が
発症していると言われています。

 

花粉の季節になると病院で処方箋をもらったり
予防接種をしに行く人が多くなりますが、
食生活で症状を緩和する方法はあるのでしょうか。

 

 

 

そもそも花粉症の原因って?

 

 

なぜ花粉症を発症してしまうのか、
そして完治した事例があまりに少ないのでしょうか。

 

それは花粉症と免疫力に大きな関係があります。

 

免疫細胞の仕事は主に、
空気中をさまようウイルスが
体内に侵入することを防ぎ、
また侵入したウィルスを体外へ排出することです。

 

免疫細胞にはT細胞と言う
ウイルスの監視役が存在します。

 

T細胞が、空気中にある物質の1つがウイルスと判断した場合、
他の免疫細胞にそのウイルスを攻撃・除去させる
IgE抗体を作らせます。

 

このIgE抗体がウイルスと結合すると
ヒスタミンが分泌され、ウィルスの体内侵入を防ぎます。

 

例えばウイルスが鼻から侵入を試みた場合、
ヒスタミンがくしゃみを引き起こし、
ウイルスを体外へ放出します。

 

ところで幼少期は花粉症と無縁の生活を送っていても、
歳を重ねたある日、花粉症を発症していたという事例が多くあります。

 

これは体の免疫力が低下したことが原因です。

 

人間の免疫力は2・30代を頂点に
年を重ねるほど加速度的に低下すると言われています。

 

またストレスも免疫力を低下させる原因の1つです。
ストレス社会の今日、若い世代でも
ストレスによりホルモンバランスを崩し、
免疫力を低下させています。

 

免疫力が低下すると、衰えたT細胞が、
ウイルスと花粉の区別がつけられなくなり、
IgE抗体の生成を促し続けます。

 

結果、花粉と触れる目や鼻から涙やくしゃみ、
鼻水が止まらなくなり、風邪のような症状を引き起こします。

 

 

花粉症対策におすすめな食品

 

 

免疫力の低下を引き起こすもう1つの原因が栄養バランスです。
免疫力に必要な栄養素が不足していると、
風邪や花粉症のみならず様々な病を引き起こす原因になります。

 

ビタミンCは免疫力を高める効果を持っており、
風邪のお供になっているのはこのためです。

 

また実に体の60%以上の免疫細胞が集中している
腸の活性化も外せません。

 

活性化に必要なビフィズス菌が含まれている
ヨーグルトや乳酸菌飲料、

 

体内でビフィズス菌の増加を促す食物繊維が
豊富に含まれたバナナやりんごがお勧めです。

 

 

さらに既に発症している症状に
有効とされている食材もあります。

 

しょうがはIgE抗体の生成を抑える
ショウガオールという成分が含まれており
涙や鼻水の軽減が期待されます。

 

ごまや青魚、肉類は、
鼻づまりの原因となるアラキドン酸の分泌を抑えてくれると言われています。

 

 

まとめ

 

 

免疫力を高める事は風邪のみならず
花粉症のケアにもつながります。

 

症状があまりにひどい場合は、
抗ヒスタミン剤の投与など薬や病院に頼ることも必要ですが、
食生活をととのえることも大切なのですね。

 

 




ブロリコ利用を検討中ならチェックしたいこと


ブロリコは公式サイトで、
全額返金保証つき、
初回の1箱目が大幅割引になる特典があります。


※公式サイトはこちら
▼▼▼
「ブロリコ半額コース」募集



サンプル代わりのお試し品として
本製品を利用できるということですが、
いきなりお金を払うことに抵抗があるのも自然なことです。


また、初めての方の場合
においや味が受け付けなかったり、
体調や体質との相性が悪かったり・・・


ということもあるので、まずは無料のサンプルから始めたほうが、
合わないと感じた時に、返金を申し出る手間がかかりません。



体との相性を確認するなら、こちらの資料請求が使えます。

私が資料を取り寄せたときには、
一回分のサンプルがついてきたので、
試供品の代わりとして十分です。

請求のために住所などの個人情報を教えた途端、
要らないメールや郵便物の嵐!
ということにもなっていないので、
資料を請求して企業の対応にも安心できましたよ。


資料を請求するときは、こちらの画像をクリックして、
ブロリコ研究所へ移動できます。
▼▼▼






※資料請求でどんな物が届くか
詳しくはこちらのページでレポートをまとめました。
▼▼▼
ブロリコ資料請求レポート



90粒入りをじっくり試したいときはこちら
▼▼▼



免疫を高めるために


ホーム RSS購読 サイトマップ