ブロリコに副作用はある?

ブロリコに副作用はありません。
副作用の定義は、「投薬により、薬本来の効果の他に、好ましくない作用があらわれること」

 

※参考 ウィキペディア 副作用 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8

 

薬品で起こる不具合とされています。ブロッコリー抽出物を加工した「加工食品」のブロリコを摂取して、体の調子が悪くなった場合は副作用とは呼ばれないのではないでしょうか。

 

ブロリコを飲んで不具合があらわれた場合は、過剰症やアレルギーと呼ばれると思います。

ブロリコにアレルギーは出る?

ブロリコに限らず、サプリメントは表記されている原材料にアレルギーが出る方は利用を控えることをおすすめします。
成分を抽出するために使った薬品が残存し、アレルゲンになる心配も考えられます。

 

初回のご利用の際は事前に医師と相談したり製造元に問い合わせえると安心です。心配な場合は飲み始めは1日1粒だけにするなど、規定の量より控えめに摂取することをおすすめします。

ブロリコに過剰症は?

推奨される摂取量を守る限りは心配ないと考えられます。
ただ、体質や体調には個人差があり一概には言い切れません。
不安な場合は医師と相談し、自分の体調を考え納得された上で利用してください。

 

個人的な意見ですが、私でしたら飲み始めは推奨される量より少なめに飲み様子を見ます。
私でしたら、大丈夫だと自分が納得したら推奨される量を飲み始めます。

スポンサードリンク

ブロリコの副作用関連ページ

がんへの効果
ブロリコのがんへの効き目を紹介します。
免疫異常に効果ある?
免疫異常を改善する目的でブロリコを利用するときは、まず主治医に相談しましょう。医師に相談したらどうせ反対されるから……と言わず、まずはこちらの記事をご覧ください。
成分紹介
ブロリコとはどんな成分? 成分について紹介します。
ブロリコとスルフォラファンの違い
ブロリコとスルフォラファンはともにブロッコリーから抽出される成分です。期待される効果も似ているので混同してしまいそうですが、両者は別の成分です。
ブロッコリーを食べても摂取できない成分です
ブロリコはブロッコリーから抽出される成分です。だったらサプリメントを飲まなくても、ブロッコリーを食べれば良いのではないかと思ってしまいますが、ブロリコはブロッコリーを食べても摂取できません。
二日酔いに効果ある?
ブロリコはNK細胞などの免疫の活性化が期待される成分です。基礎体力の向上によって、二日酔い改善にも役立つかもしれませんが、お酒の対策だけが目的なら別のサプリメントをおすすめします。
花粉症に効果ある?
花粉症はIgE抗体という抗体の働きの異常によって引き起こされると考えられています。当記事では、この抗体とブロリコの関係を紹介しています。
βグルカンとフコイダンについて
ブロリコとの比較で名前が出てくるβグルカンとフコイダン。これらは一体何でしょうか
飲みすぎるとどうなる?
ブロリコの摂取量は、人によって3〜18粒程度です。医薬品のように厳密に服用量や飲み方が決まっているわけではありません。だからちょっとくらいたくさん飲んでも大丈夫かもしれませんが、オススメはしません。

ホーム RSS購読 サイトマップ