ブロリコ副作用

ブロリコに副作用はないと言われてもまだ心配…

ブロリコは医薬品ではなく、

ブロッコリーから成分を抽出して作られた食品なので、
副作用の心配はないという話をききます。

 

 

ただ、健康リスクを気にする方にとっては、
それだけの説明では
心もとないものがあるのではないでしょうか。

 

 

 

そこでこの記事では,ブロリコサプリメントを安全に使用するための情報をまとめました。

 

 

 

 

 

 

副作用とは何なのか

副作用とは厳密に言えば、

 

薬物治療を行うさいに、治療の目的に合った作用
(その医薬品に期待されている本来の作用)ではない、
治療の上では不要な作用を、
副作用と呼んでいるようです。

 

 

※コトバンク 副作用の項目で確認
URL: https://kotobank.jp/word/%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8-123978

 

本来、副作用とは、
医薬品について使われる言葉になるようです。

 

では、ブロリコは医薬品なのでしょうか?

 

 

 

ブロリコは医薬品ではない

 

ブロリコなどのサプリメントは、見た目は医薬品と似ており、
何らかの健康に対するプラスの影響を求めて摂取する
という意味でも似通ったものです。

 

 

ただ、ブロリコなどのサプリメントは、
医薬品としては扱われず、食品として扱われています。

 

 

※amazonのブロリコ販売ページを見ても、
ブロリコは、食品・飲料・お酒の中に分類されています。
▼▼▼

 

 

医薬品と食品は、薬事法という法律ではっきりと、
別物として区別されています。

 

 

 

 

サプリメントの副作用?

 

 

副作用は厳密に言うと、
医薬品について使われる言葉になるようです。

 

一方サプリメントは食品として位置づけられており、
医薬品ではありません。

 

 

このようなことを考えると、たしかに、
「ブロリコは食品なので副作用はない」
といっても、まちがってはいないように思われます。

 

 

ただ、
自然の食品であっても、食べ過ぎれば健康リスクがあり、
アレルギーのおそれもあります。

 

 

ミステリーでおなじみのトリカブトも、
食中毒が怖いフグも、どちらも医薬品ではなく、自然の産物です。

 

 

 

 

そのようなことを考えていくと、

 

ブロリコは医薬品ではないので副作用はなく安心!

 

という話は心もとないものがあります。

 

 

 

 

あまりネガティブに疑うことはないと思いますが、
ブロリコの副作用について考えるときは、

 

食品にもある健康リスクについての話も
耳に入れておいたほうがいいように思います。

 

 

 

 

 

必要な栄養素もとりすぎると毒になる。過剰症のはなし

 

 

自然な食品に含まれている栄養素でも、
取りすぎると過剰症という形で、
体に害をおよぼすことがあります。

 

 

これは、少量でも摂取すると明らかに毒!
という成分に限ったことではありません。

 

体には適度な量が必要で、
欠乏すると健康状態が悪くなる栄養素も、
適量以上に摂取すると、中毒症状があらわれることがあります。

 

 

 

ビタミンAの例

たとえばビタミンAは、
にんじんや鶏レバーや豚レバーなどに
特殊な加工で加えなくても、自然に含まれている栄養素です。

 

 

欠乏すると、皮膚や粘膜の乾燥や、
視力の低下、失明
などの欠乏症を発症するおそれがある、
体にとって必要な栄養素です。

 

 

しかし、ビタミンAは
とりすぎると過剰症があらわれ、
皮膚や眼球の乾燥、食欲不振、
無気力、吐き気、脱毛などの
体と精神状態の異常があらわれることがあります。

 

 

ちなみに、
ビタミンAの過剰症があらわれやすい食品には、
イシナギの肝があります。

 

※イシナギは魚の名前です。

 

 

 

イシナギの肝臓は大量にビタミンAを含んでいるため、
食べることによって、急性のビタミンA過剰症をおこすおそれがあります。

 

そのためイシナギの肝臓は、食品衛生法によって、
食用が禁止されています。

 

 

特殊な加工をされていない自然の食品でも、
ものによっては法律で食べてはいけないと
されるくらい危険なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

ブロリコを摂取する際に気をつけたいこと

 

 

ブロリコは食品であるため、
医薬品のような副作用はありませんが、
摂取するとき気をつけたいことがあります。

 

 

適度な量をを守って使うこと
合わないと感じたときにはやめること

 

 

このふたつは最低限、守ったほうが安全です。

 

 

 

 

 

体に合う・合わないを確かめるには

 

ブロリコを利用するなら、
本格的にお金を払って始める前に、

 

ごく少量のサンプルや、
返金可能なモニターキャンペーンを
利用することをおすすめします。

 

 

どんなに体に良いものでも
合う、合わないはあると思われますので、
最初から大きなお金を払ってしまうのは、
おすすめできません。

 

 

続ける以前に、錠剤の味や臭いがうけつけず、
続けるのが無理…
ということもありえます。

 

 

サンプルを取り寄せるには

 

少量のサンプルは、無料の資料を請求すると、
ブロリコの錠剤が3粒同封されて届きます。

 

 

 

こちらをクリックすると、
資料請求を受け付けているサイトへ移動できます。
▼▼▼


 

※実際に資料を請求したときのことを
こちらの記事でまとめています。
▼▼▼
資料請求した結果

 

大量のプリントが届くわけでも、
メルマガが大量に届くこともなく、
サンプルも受け取れましたよ。

 

 

 

3粒では少なすぎる!では・・・

 

 

サンプルの分量では少なすぎるときは、
返品不要の返金保証付きで、本製品を試せます。

 

ブロリコは初回のおためしのときの不安を
しっかりカバーしてくれるサプリメントで、
さいしょの一箱については、

 

気に入らなかったときには、
払った代金を返してもらえるんですよ。

 

ウェブ限定の割引情報、
返金保証については、こちらをクリックして確認できます。
▼▼▼

 



 

 

 




ブロリコ利用を検討中ならチェックしたいこと


ブロリコは公式サイトで、
全額返金保証つき、
初回の1箱目が大幅割引になる特典があります。


※公式サイトはこちら
▼▼▼
「ブロリコ半額コース」募集



サンプル代わりのお試し品として
本製品を利用できるということですが、
いきなりお金を払うことに抵抗があるのも自然なことです。


また、初めての方の場合
においや味が受け付けなかったり、
体調や体質との相性が悪かったり・・・


ということもあるので、まずは無料のサンプルから始めたほうが、
合わないと感じた時に、返金を申し出る手間がかかりません。



体との相性を確認するなら、こちらの資料請求が使えます。

私が資料を取り寄せたときには、
一回分のサンプルがついてきたので、
試供品の代わりとして十分です。

請求のために住所などの個人情報を教えた途端、
要らないメールや郵便物の嵐!
ということにもなっていないので、
資料を請求して企業の対応にも安心できましたよ。


資料を請求するときは、こちらの画像をクリックして、
ブロリコ研究所へ移動できます。
▼▼▼






※資料請求でどんな物が届くか
詳しくはこちらのページでレポートをまとめました。
▼▼▼
ブロリコ資料請求レポート



90粒入りをじっくり試したいときはこちら
▼▼▼




ホーム RSS購読 サイトマップ