UA-40218979-1

ブロリコ副作用

ブロリコに副作用はないと言われてもまだ心配…

ブロリコは医薬品ではなく、

ブロッコリーから成分を抽出して作られた食品なので、
副作用の心配はないという話をききます。

 

ただ、健康リスクを気にする方にとっては、
それだけの説明では
心もとないものがあるのではないでしょうか。

 

何しろブロリコは食品と言っても、
見た目は医薬品と区別がつかない錠剤ですから、
もう少し慎重な情報がほしいところです。

 

そこでこの記事では、
これらのことをまとめました。

 

 

  • 記事のまとめ
  • 副作用とは何なのか
  • ブロリコは医薬品ではない
  • サプリメントの副作用?
  • 食品にも健康を害するリスクがある
  • 必要な栄養素もとりすぎると毒になる。過剰症のはなし
  • ビタミンAの例
  • ブロリコを摂取する際に気をつけたいこと
  • 体に合う・合わないを確かめるには

 

 

 

記事のまとめ

 

記事全体が長くなるので、ざっと読みたい方に向けて、
さいしょに記事の要点をまとめます。

 

副作用とは細かいことを言えば、
医薬品による治療であらわれた、
目的に合わない作用をさすようです。

 

一方ブロリコは食品に位置づけられています。

 

医薬品とは法律によってはっきり区別されているため、
医薬品ではありません。

 

 

食品には厳密な意味での副作用がありませんが、
アレルギーや過剰症で健康を害するおそれがあります。

 

適量ならば体に欠かせない栄養素でも、
大量にとれば過剰症という形で、
体に害を及ぼします。

 

ブロリコについても、医薬品ではないので
そう神経質になることはないと思いますが、

 

「適量を飲む」
「まれに体調や体質に合わないことがあるので、
合わないと感じたときは摂取するのをやめる」

 

といった注意点を守る必要がありそうです。

 

食品だからどんなとり方をしても安心!
というわけでは決してないので、
適度な利用が大切になります。

 

 

ブロリコは体質によっては体に合わないかもしれないので、
はじめて利用するさいは、少量のサンプルもしくは、
返金保証があるお店で試したほうが、
合わなかったときのお金のロスが少ないです。

 

少量のサンプルは、無料の資料を請求すると、
ブロリコの錠剤が3粒同封されて届きます。

 

こちらをクリックすると、
資料請求を受け付けているサイトへ移動できます。
▼▼▼


 

サンプルの量では足りないときは、
返金保証を利用して本製品を取り寄せる方法もあります。

 

初めての利用の不安については、
メーカーでもフォローされていて、
返金保証ありのモニターコースが用意されています。

 

 

少量サンプルよりもじっくりと試せるモニターコース。
詳しくはこちらをクリックして
ご確認いただけます。
▼▼▼


 

 

 

以上、記事の内容は、そのようになっています。
さらに詳しくは、続きをご覧ください。

 

 

副作用とは何なのか

副作用とは厳密に言えば、

 

薬物治療を行うさいに、治療の目的に合った作用
(その医薬品に期待されている本来の作用)ではない、
治療の上では不要な作用を、
副作用と呼んでいるようです。

 

 

※コトバンク 副作用の項目で確認
URL: https://kotobank.jp/word/%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8-123978

 

本来、副作用とは、
医薬品について使われる言葉になるようです。

 

では、ブロリコは医薬品なのでしょうか?

 

 

 

ブロリコは医薬品ではない

 

ブロリコなどのサプリメントは、見た目は医薬品と似ており、
何らかの健康に対するプラスの影響を求めて摂取する
という意味でも似通ったものです。

 

ただ、ブロリコなどのサプリメントは、
医薬品としては扱われず、食品として扱われています。

 

※amazonのブロリコ販売ページを見ても、
ブロリコは、食品・飲料・お酒の中に分類されています。
▼▼▼

 

 

医薬品と食品は、薬事法という法律ではっきりと、
別物として区別されています。

 

 

 

サプリメントの副作用?

 

副作用は厳密に言うと、
医薬品について使われる言葉になるようです。

 

一方サプリメントは食品として位置づけられており、
医薬品ではありません。

 

このようなことを考えると、たしかに、
「ブロリコは食品なので副作用はない」
といっても、まちがってはいないように思われます。

 

ただ、
自然の食品であっても、食べ過ぎれば健康リスクがあり、
アレルギーのおそれもあります。

 

ミステリでおなじみのトリカブトも、
食中毒が怖いフグも、どちらも医薬品ではなく、自然の産物です。

 

 

そのようなことを考えていくと、

 

ブロリコは医薬品ではないので副作用はなく安心!

 

という話は心もとないものがあります。

 

 

あまりネガティブに疑うことはないと思いますが、
ブロリコの副作用について考えるときは、

 

食品にもある健康リスクについての話も
耳に入れておいたほうがいいように思います。

 

 

 

必要な栄養素もとりすぎると毒になる。過剰症のはなし

 

 

自然な食品に含まれている栄養素でも、
取りすぎると過剰症という形で、
体に害をおよぼすことがあります。

 

 

これは、少量でも摂取すると明らかに毒!
という成分に限ったことではありません。

 

体には適度な量が必要で、
欠乏すると健康状態が悪くなる栄養素も、
適量以上に摂取すると、中毒症状があらわれることがあります。

 

 

ビタミンAの例

たとえばビタミンAは、
にんじんや鶏レバーや豚レバーなどに
特殊な加工で加えなくても、自然に含まれている栄養素です。

 

欠乏すると、皮膚や粘膜の乾燥や、
視力の低下、失明
などの欠乏症を発症するおそれがある、
体にとって必要な栄養素です。

 

しかし、ビタミンAは
とりすぎると過剰症があらわれ、
皮膚や眼球の乾燥、食欲不振、
無気力、吐き気、脱毛などの
体と精神状態の異常があらわれることがあります。

 

ちなみに、
ビタミンAの過剰症があらわれやすい食品には、
イシナギの肝があります。

 

※イシナギは魚の名前です。

 

 

 

イシナギの肝臓は大量にビタミンAを含んでいるため、
食べることによって、急性のビタミンA過剰症をおこすおそれがあります。

 

そのためイシナギの肝臓は、食品衛生法によって、
食用が禁止されています。

 

 

特殊な加工をされていない自然の食品でも、
ものによっては法律で食べてはいけないと
されるくらい危険なのですね。

 

 

 

 

 

ブロリコを摂取する際に気をつけたいこと

 

ブロリコは食品であるため、
医薬品のような副作用はありませんが、
摂取するとき気をつけたいことがあります。

 

適度な量をを守って使うこと
合わないと感じたときにはやめること

 

このふたつは最低限、守ったほうが安全です。

 

 

 

量を守ってほしい理由

 

 

ブロリコはブロッコリーを加工して作った食品ですが、
食品であっても適量をこえての摂取は
体にとって毒になることがあります。

 

食品なので、医薬品と違って、
用法・用量の厳密な指定はなく、
副作用に関して神経質になることはありませんが、、
おすすめされている量の目安はあります。

 

 

特にブロリコなどのサプリメントは、
自然な食品から特定の成分を抽出しているため、
自然に食品を食べるよりも、
特定の成分が高い濃度で含まれていることが考えられます。

 

そのため、健康を増進するために
むやみにたくさん摂取するのはおすすめできません。

 

ビタミンAの例を考えると、
体に良い成分であっても適量と摂取量の限度はあるものと、
考えたほうが安心だからです。

 

 

合わないと感じたらやめることをすすめる理由

 

 

食品は医薬品のような副作用はなくても、
アレルギーを起こすことがあります。

 

小麦、大豆、乳製品、卵、エビ、カニ、などの
アレルギーの原因として有名なものの他にも、
アレルギーを起こす食品があります。

 

珍しい例では、
世界の100万人のうち30人しかいないという、
ゼラチンアレルギーというものまであるんですよ。

 

このように、アレルギーには珍しい例があるので、
ブロリコもごくまれに、体に合わないと感じる方がいるかもしれません。

 

 

 

体に合う・合わないを確かめるには

 

ブロリコを利用するなら、
本格的にお金を払って始める前に、

 

ごく少量のサンプルや、
返金可能なモニターキャンペーンを
利用することをおすすめします。

 

 

どんなに体に良いものでも
合う、合わないはあると思われますので、
最初から大きなお金を払ってしまうのは、
おすすめできません。

 

続ける以前に、錠剤の味や臭いがうけつけず、
続けるのが無理…
ということもありえます。

 

 

少量のサンプルは、無料の資料を請求すると、
ブロリコの錠剤が3粒同封されて届きます。

 

こちらをクリックすると、
資料請求を受け付けているサイトへ移動できます。
▼▼▼


 

※実際に資料を請求したときのことを
こちらの記事でまとめています。
▼▼▼
資料請求した結果

 

大量のプリントが届くわけでも、
メルマガが大量に届くこともなく、
サンプルも受け取れましたよ。

 

 

 

3粒では少なすぎる!では・・・

 

 

サンプルの分量では少なすぎるときは、
返品不要の返金保証付きで、本製品を試せます。

 

ブロリコは初回のおためしのときの不安を
しっかりカバーしてくれるサプリメントで、
さいしょの一箱については、

 

気に入らなかったときには、
払った代金を返してもらえるんですよ。

 

ウェブ限定の割引情報、
返金保証については、こちらをクリックして確認できます。
▼▼▼

 



 

 

以上、ここまでがブロリコの副作用について調べるとき、
知っておきたい情報のまとめです。

 

ここから先は関連情報として、
栄養素の過剰摂取による悪影響について紹介しています。

 

食品だから副作用がない代わり/栄養素の過剰摂取によって起こること

ブロリコに限ったことではないのですが、
サプリメントで何かの成分を補おうというときは、
目安として推奨されている量を、摂取することが大切です。

 

適量なら体に良い成分であっても、
過剰に取ると体に害を与えることがあるからです。

 

たとえば一部のビタミンは
不足しても健康状態に悪影響を及ぼしますが、
とりすぎても体によくありません。

 

ビタミン過剰症という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

 

 

 

最近では食生活で不足しがちな栄養素をサプリメントなどで
補充するという行為は一般的になり、
あまり拒否感なく受け入れている方も多くなっています。

 

しかし、他の全てのことにも言えますが、
何でも多すぎるということは
不足するのと同じように
あまりよくないことなのです。

 

例えば風邪を引かないためにと
ビタミンが豊富な豚肉を良く食べ、
毎食後みかんを食べ、
更にビタミン類のサプリメントを
決められた摂取量以上にとってしまえば、
これは特定の栄養素が多すぎることになってしまいます。

 

 

ビタミン過剰症とは、尿と流されずに
体内に蓄積していく脂溶性のビタミンが
腎臓にたまり、様々な異常を引き起こしてしまうことを言います。

 

 

脂溶性ビタミンとはその名の通り、
脂に溶けやすいものです。

 

ビタミンA、D、E、Kなどがそれになります。
体内に吸収されやすいのですが
尿と一緒に排出されることはないので
過剰摂取になると過剰症を引き起こす恐れがあるのです。

 

 

では主な過剰症はどういったものがあるでしょうか。

 

まずがビタミンAです。
症状は急性頭痛や急性嘔吐、
慢性的には筋肉痛や疲労、そして骨障害などです。

 

特に妊娠をしている女性は
ビタミンの一日の摂取基準に従って、
過剰にならないように注意が必要です。

 

もしもビタミンAの不足を感じている場合には、
野菜などの植物から摂るようにしましょう。

 

野菜を食べるとβカロチンが
体内でビタミンAに変換されますが、
その量は一定なので過剰摂取にはなりません。

 

 

ビタミンDを過剰にとることで出る症状は、
高カルシウム血症です。

 

血中のカルシウム濃度が高くなることで
多飲多尿や嘔吐、便秘、衰弱、腎障害などの
症状が出ます。

 

Dを摂りすぎるとカルシウムの吸収が促進されるのです。

 

 

ビタミンEは脂溶性ビタミンの中でも
一番過剰症が起こりにくいとされていますが、
それは摂れば摂るほど吸収率が落ちるからと、
最後には体外に排出されるために
蓄積が少ないと考えられているからです。

 

しかし下痢になったり
骨粗しょう症のリスクを高めるとも言われてますから、
注意が必要でしょう。

 

 

ビタミンKは通常の食生活であれば心配することはありません。
しかし、もしもサプリメントなどで補っている場合、
母乳を与えている人は特に注意が必要です。

 

新生児に過剰にビタミンKを与えた場合
脳などに疾患を生じる場合がありますから、
完全母乳で育てている場合は母体が
ビタミンKの過剰摂取をしないようにしましょう。

 

 

 

ビタミンを食事だけでとっている場合は心配は少ないですが、
サプリメントなどで補充している場合には気をつける必要があります。

 

 

では、各ビタミンの過剰症の症状について、
もう少し詳しく見てみましょう。

ビタミンB群の過剰症について

ビタミンB群は人体には欠かせないグループです。

 

炭水化物をエネルギーに変えるなど、
人が生きていくのに欠かせない働きを持つ栄養素で、
不足すると脚気などの病気になってしまいます。

 

とは言え、バランス良く摂取していくことが大切ですから、
摂り過ぎには気をつけたいもの。

 

水溶性ビタミンですから
尿として排出されやすい一面はありますが、
それにも限度がある為、くれぐれも無理はしないようにしましょう。

 

さて、ビタミンBと一言で言っても、
B6やB12など多彩な種類があるのはご存知かと思います。

 

現在、ビタミンB群として
人間の必須栄養素となっているのは8種類あるのですが、
それぞれに摂取上限量が決められており、
過剰摂取した場合の症状も異なるので注意が欠かせません。

 

まずはビタミンB1です。
男女ともに所要量を少し超えた程度では影響はありません。

 

ただし、これを過剰に上回って恒常的に摂取した場合などでは、
精神的な影響や不眠、皮膚トラブルが見られると言う報告があります。

 

次にビタミンB2について見てみましょう。
B2は過剰症に成りにくい性質は持つものの、
それでも無理に摂取した場合には、
下痢や手足のしびれが見られるケースがあります。

 

上限量は特に定められていませんが、無茶は禁物です。

 

 

 

ビタミンB6については摂取しすぎると、
神経障害や知覚障害が起こるとされています。
痺れや違和感を感じる事が多いようです。

 

 

B群の内、過剰摂取によるリスクが確認されていないのが
B12の特徴です。

 

ビタミンB12は過剰摂取しても、
消化器官から余分な分は吸収されないために、
過剰摂取の報告はありません。

 

この為に摂取上限も設定されておらず、
副作用は起こらないと考えられています。

 

とは言うものの、サプリやドリンクで
大量摂取を続けても全く安心とは言い切れませんから、
無理はしないようにしましょう。

 

パントテン酸もB12同様、
過剰摂取による有害な症状は確認されていません。

 

ただし、サプリとして大量に摂取した結果、
吐き気を感じたなどの報告があります。

 

ナイアシンも過剰摂取のリスクは低くなっていますが、
こちらは過剰症として、顔の紅潮や
かゆみを感じたなどの例があり、
注意が必要です。
また、消化器関係のトラブルも懸念されます。

 

 

健康に欠かせない成分として注目を集めている葉酸も、
実はビタミンBの仲間です。

 

特に妊婦の方や、お子さんを考えている場合には、
しっかりと摂取したい栄養素ですが、
過剰症が多く報告されており、摂取上限も厳格なので注意を要します。

 

葉酸の過剰症で有名なのは発熱や蕁麻疹、
呼吸困難で、他のB群に比べると比較的、
重い症状と言うことが出来るでしょう。

 

サプリやドリンクを利用すると摂り過ぎになりやすいので、
気をつけましょう。

 

このように、ビタミンB群は種類によっては、
リスクが大きくなっています。

 

食事からの摂取では不足しやすいとも考えられますが、
かと言って、手軽に摂取できるサプリで
沢山摂り過ぎるのは良くありません。

 

栄養バランスに気を配りつつ、
適正な範囲で摂取していくことが大切です。

ビタミンKについて

ビタミンKの種類

 

ビタミンKにはK1、K2、K3の3種類があります。
この中のビタミンK1とK2は
天然物質から体に摂取されるものなので、
過剰摂取をしても特に問題はないと言われています。

 

しかしビタミンK3は化学物質のため、
過剰摂取が禁止されているのです。

 

ビタミンKには出血を止める凝固作用と、
骨を壊して作る骨形成の2つの働きがあります。

 

出血を止める働き
ケガなどで出血をした時、
しばらくすると自然に出血は止まります。

 

これは血液中に存在する血小板と、
体内に存在する血漿タンパク質の
プロトロンビンという物質が関係しています。

 

この2つの物質が酸素と結合し、
出血した部位に膜を張ることで、
血液が体の外に出ないように
カバーする仕組みになっているのです。

 

止血に関与しているプロトロンビンという物質は、
トロンビンという物質として肝臓に存在しています。
このトロンビンをプロトロンビンに変化させるのが、
ビタミンKの役割なのです。

 

 

骨を作る働き

 

人間の骨は古い骨を破壊する骨代謝と、
新しい骨を作る骨形成が繰り返し行われています。

 

骨の形成には、オステオカルシンという
タンパク質が必須になります。

 

このオステオカルシンを体内で合成するためには、
ビタミンKが必要なのです。

 

また骨代謝の際にも、骨の中にカルシウムを
しっかり取り込むためにビタミンKとビタミンDが働いています。

 

 

ビタミンK3の過剰症には注意

 

 

ビタミンK1とK2の一般的な摂取量は
上限150μg、下限50μgと提示されています。

 

しかしビタミンK3の過剰摂取は、
他の病気を引き起こす可能性が高いため注意が必要です。

 

新生児や幼児では5mg/日以上摂取すると、
核黄疸や溶血性貧血などを起こす可能性があります。

 

また重篤な肝臓障害がある人の場合は、
少量でも摂取すると肝機能が
完全に抑制されてしまう危険性が高くなるのです。

 

 

 

ワーファリンを飲んでいる場合はビタミンKの摂取量に注意

 

 

ワーファリンという薬を内服している場合は、
ビタミンKの摂取量を控えなければなりません。

 

ワーファリンには血液をサラサラにする効果があるので、
ビタミンKを摂取するとその薬の効果が得られなくなってしまいます。

 

そのため、ビタミンKの摂取量や食べて良い物が
限定される場合があるのです。

 

 

ビタミンKの多い食べ物

 

 

ビタミンK1は植物の葉緑体で作られるため、
緑色の濃い野菜や海藻、緑茶などに多く含まれています。

 

野菜類で多いのはパセリや春菊、
モロヘイヤ、海藻であれば干しのりやわかめ
などが挙げられます。

 

これらの食材からビタミンKを摂取するには、
出来るだけ自然のまま摂取することが効果的です。

 

つまり火を通さずに、
生のまま摂取できるものは生のまま、
生のままの摂取が難しい場合は
火を通す時間を出来るだけ短時間に
すると良いとされています。

 

ビタミンKは微生物によって作られるもので、
特に納豆は補給源に最適と有名です。

 

その他にも鶏肉やバター、マーガリンなどにも含まれています。

 

ワーファリンを内服している場合は、
納豆、クロレラ、青汁などの摂取を制限されることが多いです。

 

 

 

 

 

 

ここで紹介したように、体に必要な栄養素でも、
適量をこえた摂取は体に害を及ぼすことがあります。

 

また、病気の症状や服用している薬によっては、
健康なときよりも、摂取量に気を使わなくてはならない栄養素もあります。

 

医薬品のような副作用がなくても、
絶対安全とはいかないのですね。

 

ブロリコの場合、人を対象とした臨床試験で、
成分の有用性や安全性について確認されていますが、

 

それでも、どんな人がどんな量をとっても
必ず安全であるとはいい切れません。

 

そうなると、安全性で不安が出てきてしまうと思いますが、
どんなとり方をしても体に何の悪影響もないものは、
プラスにもマイナスにもならないという考え方もできるのではないでしょうか。

 




ブロリコ利用を検討中ならチェックしたいこと


ブロリコは公式サイトで、
全額返金保証つき、
初回の1箱目が半額になる特典があります。

詳しくはこちらをクリックして確認できます。
▼▼▼




サンプル代わりのお試し品として
本製品を利用できるということですが、
いきなりお金を払うことに抵抗があるのも自然なことです。

少量飲んで、

飲める味なのか?
体質に合わないということはないか?

確認するなら、こちらの資料請求が使えます。

私が資料を取り寄せたときには、
一回分のサンプルがついてきたので、
試供品の代わりとして十分です。

請求のために住所などの個人情報を教えた途端、
要らないメールや郵便物の嵐!
ということにもなっていないので、
資料を請求して企業の対応にも安心できましたよ。


資料を請求するときは、こちらの画像をクリックして、
ブロリコ研究所へ移動できます。
▼▼▼




免疫を高めるために


ホーム RSS購読 サイトマップ