UA-40218979-1

ブロリコβグルカン

ブロリコとβグルカンはどう違うのか

ブロリコとβグルカンは、
ともに免疫の活性化を目的に摂取される成分です。

 

使用の目的が似ているため、何が違うのか
疑問に思われるかもしれませんね。

 

免疫の活性化のためサプリメントを探しているけど、
ブロリコとβグルカンどちらが良いのか迷っている…

 

そのような方もいるのではないでしょうか。

 

 

そこでここでは、
ブロリコとβグルカンの違いをはっきりさせるため、
参考になりそうな情報をまとめました。

 

 

記事内容

 

ブロリコとはどんな成分なのか?
βグルカンはどんな成分なのか?
両者の違いは?
サプリメントの利用を検討しているならチェックしたい情報

 

 

ブロリコとは?

ブロリコは、民間企業のイマジングローバルケア株式会社が
ブロッコリーから発見した新成分です。

 

ブロリコの性質については、
カイコを試験対象とした実験によって検証されており、
免疫を活性化することが確認されています。

 

免疫を活性化する成分としては、
βグルカン、フコイダン、スルフォラファンなど
さまざまなものがありますが、
それらと比べてブロリコは、高いパワーを示しています。

 

 

カイコによって測定した数値では、
ブロリコが免疫を活性化する力は、
βグルカンの約50倍と、高い数値を示しました。

 

 

なぜカイコなのか?

 

 

ここで、どうしてカイコが出てくるのか?
と思われるかもしれません。

 

カイコは養蚕でおなじみの白い芋虫で、
一見人とは大きく見た目が違いますが、
体の構造には共通点があります。

 

カイコは人の体の器官にあたる部位を、
一通り備えているほか、
人と同じ病気にかかり、同じ薬剤で治癒するという、
薬品や栄養成分の試験対象として、
適した特徴を持っているのです。

 

 

イマジングローバルケアはこの特徴に着目し、
カイコを対象に試験をくりかえし行い、
さまざまな成分のパワーを測定しました。

 

にんじん、ほうれん草、トマトなど、
様々な食品や成分のパワーが測定された結果、
ブロッコリーから抽出されたブロリコが、
最も高い数値を示しました。

 

 

 

人に対しても有効な可能性が高い

 

カイコが人と共通点を持っているとは言え、
カイコを対象にした実験だけでは、
信憑性が薄いと思われるのではないでしょうか。

 

ブロリコは人を対象にして、
有効性が検証されているので、
試験の内容を紹介します。

 

 

対象者: 健康な人 20名
試験の内容: 対象者が一ヶ月間ブロリコ抽出物を摂取
測定方法: 摂取前と摂取後に血液検査をする

 

結果: NK細胞活性が、平均10%向上した

 

 

ナチュラルキラー細胞は、
自然免疫として機能する細胞の一種です。

 

自然免疫とは、外から体内に侵入した病原体や、
体の中で発生した異常な細胞を、
種類を特定せずに攻撃する仕組みを指します。

 

おおまかには、
体にとって有害なものを排除する仕組みです。

 

 

ブロリコを摂取した後では、
自然免疫として働くNK細胞が、活性化していたのですね。

 

 

 

 

 

ブロッコリーを食べても摂取できない成分

 

ブロッコリーはブロリコを含んでいますが、
その量はわずかです。

 

そのため、通常の食事でブロッコリーを食べても
摂取することができません。

 

ブロリコを摂取するには、
ブロッコリーから抽出し凝縮したサプリメントを飲む必要があります。

 

ブロッコリーからブロリコを抽出する方法については、
イマジングローバルケアが東京大学と共同で
特許を取得しています。

 

 

 

特許とは

 

 

特許とはおおまかには、
創作者が発明したものを、他人に勝手に真似されたり使われたりすることなく、
独占して使用できる権利をさします。

 

 

特許を取得するには審査をクリアしなくてはならないため、
発明者だけが主張しても認められるものではありません。

 

特許を取っているとは、特許を認められるための
審査基準をクリアしていることになるのです。

 

 

βグルカンとは?

βグルカンは、キノコや酵母が豊富に含んでいる、
食物繊維の一種です。

 

摂取しても人の消化器官では消化できない成分ですが、
腸内の免疫細胞に対して作用します。

 

βグルカンは免疫力を高める性質が注目されており、
現在では医薬品として実用化されている他、
サプリメントとして製品化しています。

 

 

 

 

 

なぜ免疫を活性化することが健康につながるのか

 

βグルカンやブロリコだけではなく、
免疫を活性化するとされている成分は、
さまざまなものがあります。

 

フコイダン、スルフォラファン、いずれも健康食品の成分として
研究、開発が行われ、実際に製品化しています。

 

このように、免疫を活性化する可能性のある成分が
注目されるのはなぜでしょうか?

 

 

 

免疫とは

 

 

免疫はおおまかには、
人の体が備えている、病気から体を守る仕組みです。

 

この仕組みを持っていることで、
人は雑菌だらけの環境で暮らしていても、
簡単には病気にかかりません。

 

多くの人は、特別な施設にいない限り、
有害な細菌やウイルスが、たくさんいる環境に住んでいます。

 

息をしたときや、食べ物を食べたとき、
ちょっとしたケガをしたときなど、
日常的な行動をしているだけで、
細菌やウイルスが体内に侵入することがあるのです。

 

体内に有害な細菌やウイルスが侵入したとき、
体を守ってくれるのが、免疫です。

 

免疫は特に風邪などひいていないときにも活動しており、
病原菌などの有害な侵入者と戦っています。

 

その他にも、免疫はたいへん大切な役目を持っています。
体の中で発生する、異常な細胞を攻撃することです。

 

 

 

体内でも有害なものが生まれる

 

 

人の体はつねに作り変えられており、
新しいものが古いものに取って代わります。

 

まつげや髪の毛も生え変わりますし、
肌も新陳代謝によって、古いものが垢としてはがれ落ちます。

 

細胞も日々、新しいものが作られていますが、
その中にはガン細胞などの、
体の中で正常に働かないものもあります。

 

人の体は生きていく中で、
日常的にガン細胞を作っているのですね。

 

ただ、体内でガン細胞が生まれるからと言って、
全ての人が必ず、病気としてガンを発症するわけではありません。

 

その理由は、免疫がガン細胞を攻撃するため、
生まれてきたガン細胞は、
増殖して体に悪影響を及ぼしだす前に、
死んでしまうからです。

 

 

 

 

免疫は病気と戦う上で大切なもの

 

 

 

免疫は体内に侵入した病原体を攻撃したり、
ガン細胞の増殖を抑える仕組みです。

 

免疫が活発に働いていることは、
病気と戦う上でたいへん大切になってきます。

 

そのため、βグルカンやブロリコなどの
免疫を活性化する成分が注目され、
研究されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロリコとβグルカン、両者の違いは?

ブロリコとβグルカンは、
ともに免疫を活性化する目的で摂取されます。

 

ブロリコはブロッコリーから抽出される成分、
βグルカンは酵母やキノコから抽出される成分、
という違いこそありますが、成分の目的は似ていますよね。

 

 

では、免疫の活性化が目的でサプリメントを飲むなら、
どちらでも同じなのか、というとそうではありません。

 

ブロリコは、カイコを用いた作用の測定で、
ベータグルカンよりも強力に、免疫を高めることが
確かめられています。

 

 

どちらが良いのか迷ったときは、
両方のサンプルや資料を取り寄せた上で、
メーカーの対応を見たり、飲んで試すことをおすすめします。

 

 

ブロリコについては、資料を請求するとサンプルが同封される他、
本製品を返金保証付きでお試しできるので、
試すときのお金の綿でのハードルは、低くなっていますよ。

 

 




ブロリコ利用を検討中ならチェックしたいこと


ブロリコは公式サイトで、
全額返金保証つき、
初回の1箱目が半額になる特典があります。

詳しくはこちらをクリックして確認できます。
▼▼▼




サンプル代わりのお試し品として
本製品を利用できるということですが、
いきなりお金を払うことに抵抗があるのも自然なことです。

少量飲んで、

飲める味なのか?
体質に合わないということはないか?

確認するなら、こちらの資料請求が使えます。

私が資料を取り寄せたときには、
一回分のサンプルがついてきたので、
試供品の代わりとして十分です。

請求のために住所などの個人情報を教えた途端、
要らないメールや郵便物の嵐!
ということにもなっていないので、
資料を請求して企業の対応にも安心できましたよ。


資料を請求するときは、こちらの画像をクリックして、
ブロリコ研究所へ移動できます。
▼▼▼




免疫を高めるために


ホーム RSS購読 サイトマップ