ブロリコは何に効く

ブロリコは何に効く?

ブロリコは何に効くの?

 

正直、分かりにくい話ではないでしょうか。

 

ブロリコはメーカー公式販売ページを見ても、これといって、

 

〇〇に効きます。がん予防に効果的。
抗腫瘍効果があります。口内炎の治癒を早める。
花粉症を緩和・・・

 

 

といったことは書いてありませんよね。

 

実はブロリコは、これといって何に効く、具体的に何の病気を治すとは言えないものなのです。

 

 

ブロリコなどサプリメントの効き目については、
調べていくときに大事なことがあります。

 

それは、メーカーやここのような情報サイトで、
医薬品と同等に病気に効くと思わせてしまうような、効果効能を宣伝してはいけないことです。

 

 

ブロリコの効果について。メーカーサイトで特別書いていないこと

 

 

ブロリコに医薬品のような効果効能がある、と言ってはいけない理由は、大変シンプル。

 

薬機法という法律に違反してしまうためです。

 

ブロリコなどの健康食品は、医薬品とはハッキリと切り分けられており、
消費者側からもきちんと区別ができるように、
健康食品のメーカーは配慮しなくてはなりません。

 

 

医薬品とブロリコの違い

 

医薬品は、日本薬局方におさめられている物で、
人、ないし動物の病気の予防、治療、診断を目的とするものです。

 

医薬品は
効果効能…解熱・鎮痛・倦怠感を緩和

 

などと言った形で、分かりやすく何に効くのかを表示できます。

 

 

 

一方ブロリコは、ブロッコリー抽出物の加工食品です。
短期間で病気の症状を抑えたり、完治させたりすることは目的としておらず、
また、メーカーでも病気を治せるとは表示していません。

 

 

ブロリコは、成分を長い期間に渡ってじっくりととりつづけることで、
ゆるやかに体が本来持つ、病気への抵抗力を高めることを目的にしています。
薬のように、ほんの数錠飲んだだけで体調が変わるような、即効性は期待できません。

 

 

ブロリコが食品なので即効性は期待できないというのは、
ビタミン不足で肌荒れになっている時、1日だけ沢山の野菜や果物を食べれば、
たちどころに肌トラブルが解消するものか・・・

 

ということを想像してもらうと、納得してもらえるのではないでしょうか。

 

 

 

ブロリコとは何なのか?

 

 

ブロリコは特定の病気を治すことを目的にしていない。
また、病気に対して効果や効能があると言ってしまうと
法的にアウト・・

 

そうなると、ブロリコとは一体何なのか、
何のためのものなのか、ということが
ますます分かりにくくなるかもしれません。

 

 

ブロリコサプリメントの配合成分ブロリコは、
ブロッコリーから発見された、免疫力を高める成分です。

 

※ブロリコは成分の名前でもあり、同時にその成分を配合したサプリメントの商品名でもあります。
ここからは、成分としてのブロリコの性質を紹介しますね。

 

 

免疫力は、人の体が生まれつき備えている、病気に対しての防御機構です。

 

人は目に見えない雑菌やウイルスと隣り合って暮らしており、
ものを食べた時や、怪我をして皮膚が傷ついたときなどに、
体内に細菌やウイルスといった病気の元が侵入することがあります。

 

そのようなときは、NK細胞やマクロファージなどの、
免疫機能を司る細胞が、体内に入り込んだ病気の元を見つけて攻撃し、無害化してくれます。

 

体に悪い物が入ったときに、それが体の中で好き勝手に暴れて
病気を引き起こしてしまう前に、退治してくれるのが免疫です。

 

 

ブロリコは、この病気を防ぐために大切な
免疫力を高める可能性が高いことが確かめられています。

 

 

 

ブロリコ成分の有効性は試験で検証されている

 

 

ブロリコが免疫力を高めることは、実際に人が成分を摂取するという試験によって確かめられています。

 

試験の内容とは、健康な対象者20名が、
1ヶ月間にわたってブロリコ抽出物を摂取するというもの。

 

試験の結果は、成分摂取前と摂取後に行った
血液検査の結果を比べて判定されました。

 

血液検査の結果、ブロリコを摂取した対象者は、
免疫機能を担うナチュラルキラー細胞が、活性化していたそうです。

 

 

このように、ブロリコは人を対象にした試験で、
免疫力向上に有効性が確かめられていますが、
もちろんぶっつけ本番で、人を相手に安全性や作用を確かめたわけではありません。

 

ブロリコは動物実験や試験管レベルの試験が行われており、
それらの実験で、さまざまな成分や食べ物と、
免疫力を活性化する作用が比べられています。

 

免疫力を活性化するとされている成分には、
スルフォラファン、βグルカン、メカブフコイダンなど、
有名なものがありますが、
ブロリコはそのいずれの成分よりも、良い試験結果をおさめています。

 

 

 

ブロリコの口コミは

 

免疫力を活性化するというブロリコですが、
すべての利用者が体調の変化を実感できているわけではないようです。

 

中には効果がない!という口コミも…

 

値段は高いし効果はないし、無駄!
病院に行ったほうがいいし、ブロッコリースプラウトのほうがマシ!

 

 

前立腺がんには効果なし。担当医には黙ってブロリコを使ったら、
かえってPSAの数値が上がってしまった。

 

 

 

 

ブロリコで感じられる体調の変化には個人差があり、
癌治療では確かな効果が見込めるものではないのですね。

 

ただ、変化が見られないという口コミがある一方で、
体調がよくなったという口コミもウェブ上に投稿されています。

 

年齢がいくにつれて体力がなくなってきて、
健康に不安を覚えていた。
鼻に悪性の黒子はできてしまったし、
インフルエンザにも毎年のようにかかっている。

 

ブロリコは免疫力を高めて健康に過ごすために利用し、
期待した通りの変化を感じられた。

 

今年はインフルエンザにも感染しておらず、
体調も楽。良いサプリメントに出会えて良かったと思う。

 

 

※ここでの口コミ紹介は、amazonのブロリコ販売ページに投稿されていたレビュー原文を、適宜省略、リライトして掲載しています。

 

 

 

 

ブロリコの評判は?

 

ブロリコの評判は、世間ではなかなか良好です。

 

ネットの口コミの中には、効果がない!高い!無駄!
といった悪評も見られますが、ブロリコサプリメントの全体的な評判は、
そんなに悪くはないようです。

 

というのは、ブロリコは2017年の発売開始から6年の時点で、
累計販売数がすでに100万の大台を突破しており、販売数を着実に伸ばしています。

 

また、国内のみならず、アメリカ、韓国の海外にも拠点を増やし、
海外にもブロリコサプリメントが提供されています。

 

 

 

評判が悪く悪評のほうが圧倒的に多いサプリメントであれば、
いくらステマやセールス手法で売りつけようとしても、
海外進出までしてしまうまえに、生産が取りやめになりそうなものですよね。

 

 

 

メーカーの信頼性の目安として・・・

 

 

ブロリコメーカーのイマジングローバルケア株式会社は、
政府や大企業が主催するプロジェクトでの受賞歴があります。

 

2015年には政府主催の「グローバル企業家等育成事業米国派遣プログラム」の参加企業に選出。

 

2014年にも、三菱東京UFL銀行が主催したビジネスサポートプログラムにて、
先端医療・医薬品・医療機器部門における
最優秀賞を獲得しています。

 

けっこう大きな催し物で、華々しく賞をとっているのですね。

 

 




ブロリコ利用を検討中ならチェックしたいこと


ブロリコは公式サイトで、
全額返金保証つき、
初回の1箱目が大幅割引になる特典があります。


※公式サイトはこちら
▼▼▼
「ブロリコ半額コース」募集



サンプル代わりのお試し品として
本製品を利用できるということですが、
いきなりお金を払うことに抵抗があるのも自然なことです。


また、初めての方の場合
においや味が受け付けなかったり、
体調や体質との相性が悪かったり・・・


ということもあるので、まずは無料のサンプルから始めたほうが、
合わないと感じた時に、返金を申し出る手間がかかりません。



体との相性を確認するなら、こちらの資料請求が使えます。

私が資料を取り寄せたときには、
一回分のサンプルがついてきたので、
試供品の代わりとして十分です。

請求のために住所などの個人情報を教えた途端、
要らないメールや郵便物の嵐!
ということにもなっていないので、
資料を請求して企業の対応にも安心できましたよ。


資料を請求するときは、こちらの画像をクリックして、
ブロリコ研究所へ移動できます。
▼▼▼






※資料請求でどんな物が届くか
詳しくはこちらのページでレポートをまとめました。
▼▼▼
ブロリコ資料請求レポート



90粒入りをじっくり試したいときはこちら
▼▼▼




ホーム RSS購読 サイトマップ