UA-40218979-1

ブロリコ白血病

ブロリコを白血病治療に取り入れるときの留意点

ブロリコを白血病治療に取り入れることをお考えでしたら、
本製品の購入前に、確認していただきたいことがあります。

 

ここではその留意点についてまとめました。

 

 

ブロリコは食品である

 

 

ブロリコは医薬品とははっきりと区別されており、
食品として販売されています。

 

サンプルのパッケージや本製品のパッケージを見ても、
名称は、【ブロッコリー抽出物加工食品】
となっています。

 

サンプルのパッケージの裏面を撮影した写真
▼▼▼

 

 

ブロリコが食品であることは、
分類の上で医薬品ではない、
というだけのことではありません。

 

効果や効能を表示することが、
食品では制限されています。

 

 

医薬品では、医師に処方してもらわなくても、
ドラッグストアや通信販売で購入できる
解熱鎮痛薬や胃腸薬でも、
効果効能がはっきり表示されています。

 

一方でブロリコなどの食品は、
たとえ信頼性の高い成分であろうと、
医薬品のように、効果効能を表示してはいけません。

 

 

ブロリコは、癌や白血病などの特定の病気を治したり、
進行を抑制することを、保証するものではないのですね。

 

 

 

 

病気の治療にブロリコを取り入れる前に、
もう一つ確認しておきたいのは、公式サイトのFAQです。

 

すでにご覧になっている方も多いと思いますが、
あらためてご確認ください。

 

 

公式サイトFAQでは、薬との併用の前に医師に相談することをすすめている

 

 

ブロリコは食品のため、用法用量の厳密な指定はなく、
副作用や薬との飲み合わせで、
医薬品ほど神経質になる必要はありません。

 

ただ、病気であっても安心して使ってください、
とは、メーカーの方でも表示しておらず、
薬を飲んでいるときには、医師に相談することをすすめています。

 


▲▲▲
公式サイトのよくあるご質問のページから抜粋

 

 

治療を行っている病院での方針もあるので、
薬を飲んでいる場合はかかりつけ医に相談してください、とあります。

 

 

病気で治療を受けている場合は、
担当医に無断で使うことは、決してすすめられてはいないのですね。

 

 

amazonに投稿されたレビューでは、
前立腺がんの方が担当医に内緒でブロリコを使ったところ、
PSA値が上がってしまったとの話を見かけました。

 

このような話を見ても、良さそうに見える成分でも、
医師に内緒で使ってしまうのは、おすすめできません。

 

 

また、ブロリコは特に病気の治療を受けていない方でも、
まれに体に合わないことがあります。

 

 

特に病気の治療を受けている方なら、
体が弱っていると思いますから、
ブロリコを利用するときには、担当医にご相談ください。

 

 

担当医に相談するとき、
ブロリコについての資料やサンプルが必要なときは、
こちらのブロリコ研究所のサイトで資料を請求できます。
▼▼▼


 

私が資料を請求したときには
サンプルが同封されていましたが、
請求するタイミングによっては、
別途サンプルを取り寄せる必要があるかもしれません。

 

サンプルが目的で資料を取り寄せるときは、
資料を申し込む前に、ブロリコ研究所に資料の内容を
問い合わせで確かめることをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ