UA-40218979-1

ブロリコ免疫

ブロリコと免疫 


ブロリコは免疫を高める世界初の成分として、
人気が高まりつつあります。

 

 

ブロリコが免疫を高めることは、
実験で検証されており、
カイコを対象にした実験で、
免疫力を高める効果が確認されました。

 

※カイコは絹をとるために飼育される、
あの白い芋虫です。

 

人とあまりに違いすぎるように思われますが、
カイコは人との共通点があります。

 

カイコは人の器官に相当する部位を一通りもっており、
体の仕組みが人に似ています。

 

 

人と同じ病気にかかり、
人と同じ薬を使用して治るということから、
マウスやモルモットではない、
新たな試験対象として注目されています。

 

 

 

ところで、この免疫とは何でしょうか。
何となく耳にすることはあっても、
医師でもないと日常にはなじみがない言葉ですよね。

 

この記事ではブロリコと免疫についてまとめたので、
ブロリコをより納得して利用するために、
免疫の関係、NK細胞、がんとNK細胞の関係、
それぞれのことを見ていきましょう。

 

 

 

 

 

免疫は体を守る仕組みのこと

 

免疫は、私たちの体が備えている、
有害な異物に抵抗する仕組みです。

 

有害な異物とは、がん細胞や病原体などの、
体にとって好ましくないものです。

 

免疫は、つねに私たちの体の中をパトロールしており、
ウイルスが体に侵入したり、
がん細胞が体の中で生まれたりすると、
ウイルスやがん細胞を攻撃して、無害化します。

 

 

免疫は二種類

 

免疫には二種類あります。

 

ひとつは獲得免疫です。

 

 

獲得免疫とは一度体に入った異物を記憶して、
同じものを見つけたときに攻撃する免疫です。

 

キラーT細胞(CLT細胞)やTh1細胞などが、
この獲得免疫にあたります。

 

 

獲得免疫の特徴は、

 

自然免疫よりも、異物の違いを細かく見分けて認識できる。
異物を記憶できる。

 

 

異物の記憶というと分かりにくくなってしまいますが、
この特徴は身近なところで利用されています。

 

それはワクチンです。

 

多くの方が、
ワクチンの摂取を受けたことがあると思います。

 

ワクチンは、病気予防のために嫌でも打ってもらう注射
というイメージがあると思いますが、
その正体は、無害化した病原菌や、病原菌の死体です。

 

ワクチンは、無害になった病原体や、
病原体が作った毒素を毒性を弱めたものを
体の中に入れることで、
その病原体に対する免疫を
獲得することを目的にしています。

 

異物を体に入れて、
その異物の特徴を獲得免疫に覚えさせ、
次に侵入したときに、その異物を攻撃する仕組みを
獲得するのですね。

 

 

また、ワクチン以外にも
獲得免疫が働いていることを、感じられる例があります。

 

おたふく風邪や水ぼうそうは、
一度かかるとその後はかからないことが知られています。

 

その現象は、獲得免疫が
おたふく風邪や水ぼうそうの病原体を記憶して、
攻撃する仕組みを獲得することで起こるのです。

 

 

二種類の免疫のうち、
もうひとつは、自然免疫です。

 

自然免疫は、獲得免疫とは違い、
以前体に入ったことのない、
つまり見覚えのない異物も攻撃します。

 

 

PR====
ブロリコを検討中なら、
まずはサンプルが同封される資料を取り寄せてみませんか?
▼▼▼



======

 

獲得免疫と自然免疫の違い

 

 

獲得免疫は、
「一度侵入してきた異物を覚えていて、
記憶している異物を体内で見かけたときに
排除する仕組み」です。

 

自然免疫が、生まれつきそなわった、
原始的な機能であることに対して、
獲得免疫は、
体が異物の侵入を経験することで獲得します。

 

自然免疫だけでは、異物に対処しきれないときに働きます。

 

 

 

自然免疫は、
「体に異常なものが入ってきたら、
相手を決めずに排除する仕組み」です。

 

私たちが生まれつきもっている、体を守る仕組みで、
つねに体内で働いていて、
病原菌などの有害な異物と戦っています。

 

PR====
ブロリコを検討中なら、
まずはサンプルが同封される資料を取り寄せてみませんか?
▼▼▼



======

 

微生物だらけの環境で、簡単に病気にならないのは免疫のおかげ

 

身近なところに無数にいる微生物


▲▲▲
日常的に食べているパンも、
微生物の働きを利用した食品です。

 

 

自然界にはさまざまな微生物がいて、
生活の中でさまざまなところに関わっています。

 

たとえば、日常的に食べているパン。

 

パンはイーストという微生物が、
発生するガスによって生地をふくらませ、
ふっくらとした食感を作り出しています。

 

パンが誕生したきっかけも、
紀元前3500年ごろのエジプトで、
小麦粉をこねた生地が微生物の働きで、
勝手に発酵してしまったことだと言われています。

 

これは、小麦粉の生地に働きかけたのが、
人にとって害のないイーストだから良かったものの、
別の微生物が働いていたら、
ただの腐敗になっていたかもしれませんね。

 

イーストの他にも、
自然界には微生物が多数存在しています。

 

食卓でおなじみのキノコも、
実はカビと同類の微生物が
無数に集まったものです。

 

 

森林や庭に落ちている落ち葉や小枝が、
片付けなくても放っておけば、
ボロボロになっていつのまにか土に戻っているのも、
微生物の働きによります。

 


▲▲▲
これもキノコの一種です。
このような形で目に見えるキノコは、
実はキノコが繁殖するために作り出す、
キノコの体の一部にすぎません。
キノコの本体は土の中や木材の中に広がる、
カビのような菌糸のかたまりなのです。

 

 

 

お風呂場で見かけるカビも、微生物です。

 

 

このように、私たちが暮らしている環境は、
微生物が数多く存在しています。

 

微生物の中には、
イーストや麹菌など、人にとって有益なものもあれば、
黄色ブドウ球菌やサルモネラ菌など、
中毒を引き起こす危険なものもあります。

 

 

私たちの体には、
無菌室などの特殊な環境にでもいない限り、
簡単に微生物が付着します。

 

食中毒を引き起こす細菌の一種、黄色ブドウ球菌も、
人の手指に存在しており、
手で握ったおにぎりが、食中毒の原因食品になることがあります。

 

 

殺菌グッズは多数販売されていますが、
微生物だらけの環境に住んでいて、
有害な微生物を完全にシャットアウトするのは、
簡単ではありません。

 

PR====
ブロリコを検討中なら、
まずはサンプルが同封される資料を取り寄せてみませんか?
▼▼▼



======

病原体が体に入っても、必ず病気になるわけではない

 

私たちは目には見えない有害な微生物が
ウヨウヨしている環境で暮らしています。

 

ブドウ球菌、
ノロウイルス、
インフルエンザウイルスなど・・・

 

自然界には多数の微生物が暮らしています。

 

呼吸をする時や、
ものを食べたとき、ケガをしたとき、
体に有害な微生物が入ってしまうこともあります。

 

ただ、体の中に有害な微生物が入り込んでも、
すぐに病気になるものではありません。

 

 

それは、体の中ではたえず免疫が働いており、
体内に入った有害な微生物などの異物を、
無害化してくれているからです。

 

免疫の働きが追いつかず、体内で有害な微生物
つまり病原菌やウイルスが
増殖してしまうと病気になりますが、
免疫が対抗できている間は、健康でいられます。

 

 

 

免疫はガン細胞からも体を守る

 

ガンは命をおびやかす、深刻な病気です。
風邪とは違い、誰にとっても身近なものではありません。
ただ、ガン細胞そのものは身近な存在です。
私たちの体内では、たえずガン細胞が生まれています。

 

ではどうして、ガンにならない人もいるのか?

 

その答えが、免疫です。

 

免疫は体の外から侵入してくるウイルスや細菌のほか、
体の中で生まれるガン細胞も、攻撃してくれます。

 

この働きがガン細胞を抑えている間は、
ガン細胞は増殖して体に致命的な影響をおよぼし始める前に、
無害化されるのです。

 

 

 

 

免疫力は衰える

 

 

免疫は病原菌やガン細胞から
体を守るために欠かせない仕組みです。

 

常に活発に働いていてほしいものですが、
免疫はさまざまな原因で衰えてしまいます。

 

誰もが重ねていく年齢も、
免疫が衰える原因の一つです。

 

免疫は二十代前半頃をピークとして、
その後は衰えていくことが分かっています。

 

年齢の他にも、ストレスや不規則な生活など、
多くの現代人が抱える問題も、
免疫を弱める原因になります。

 

 

免疫力の低下がもたらすもの

 

 

免疫力の衰えは、病気への抵抗力の低下を意味します。

 

風邪などの身近な病気はもちろん、
がんなどの重大な病気にもかかるリスクが高くなります。

 

 

 

ブロリコは免疫を活性化する

 

ブロリコは実験の結果から、
自然免疫のNK細胞の働きを活性化し、
がんなどの病気を抑えると考えられています。

 

免疫が活発に働いていることは、
体を病気から守る上で大切なことです。

 

 

免疫を活性化する可能性のある成分は、
βグルカン、スルフォラファン、フコイダン、ブロリコなど
一つではありません。

 

研究や開発が行われており、
サプリメントとして製品化されている成分もあります。

 

それだけ免疫を活性化する成分は、
注目されているのですね。

 

 

 

ブロリコ利用を検討中ならチェックしたいこと

 

ブロリコは公式サイトで、
全額返金保証つき、
初回の1箱目が半額になる特典があります。

 

詳しくはこちらをクリックして確認できます。
▼▼▼


 

サンプル代わりのお試し品として
本製品を利用できるということですが、
いきなりお金を払うことに抵抗があるのも自然なことです。

 

少量飲んで、

 

飲める味なのか?
体質に合わないということはないか?

 

確認するなら、こちらの資料請求が使えます。

 

私が資料を取り寄せたときには、
一回分のサンプルがついてきたので、
試供品の代わりとして十分です。

 

資料を請求するときは、こちらの画像をクリックして、
ブロリコ研究所へ移動できます。
▼▼▼

 



ブロリコとNK(ナチュラルキラー)細胞とがんの関係

ブロリコは実験で得た結果を根拠に、
NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化すると言われています。

 

NK細胞が活性化することは、
ガン細胞の増殖、ガンの発症を抑えるために
大きな意味があります。

 

では、なぜNK細胞はがんを抑制してくれると
言われているのでしょうか。

 

NK細胞とは?

 

NK細胞とは、免疫細胞のひとつです。

 

私たちの体内にはキラーT細胞など、
何種類かの免疫細胞があります。

 

キラーT細胞の特徴は、
一度体内で発見された病原体や、
異常な細胞を狙って攻撃することです。

 

体に侵入したことがあるものを記憶して、
次に同じものが入りこんだときに、集中して攻撃するのですね。

 

 

一方NK細胞は、キラーT細胞よりも、
原始的なシステムによって、有害な異物を攻撃します。

 

NK細胞は、体内に侵入した病原体や、
異常な細胞を見つけると、
それが以前にも体に侵入したものでなくても、攻撃します。

 

前に侵入してきた悪いものを覚えていて、
攻撃するのがキラーT細胞。

 

見覚えがなくても怪しい異物があれば、
攻撃するのがNK細胞ということになります。

 

 

PR====
ブロリコを検討中なら、
まずはサンプルが同封される資料を取り寄せてみませんか?
▼▼▼



======

 

免疫とがん

 

私たちの体の中では、
日々ガン細胞が生まれていると
聞いたことがありますか。

 

人の体は、全身が
常に新しいものが古いものに入れ替わっています。

 

皮膚が新たに生まれ、古い皮膚が垢としてはがれ落ちまる、
髪が抜け新たに生えてくる…

 

など、新しいものと古いものの入れ替わりは、
目に見える形でも確かめられます。

 

もちろん体内の見えないところもで、
細胞も古いものが捨てられ、
新しい細胞が生まれています。

 

一日に新たに増える細胞の数は、
約一兆個にもなると言われています。

 

それら全てが、体にとって正常に機能する
良い細胞ではありません。

 

日々増やされる細胞の中には、
ガン細胞などの異常な細胞もあります。

 

体の中では毎日細胞がつくられるとともに、
ガン細胞も生まれているのですね。

 

 

健康な人がなぜがんを発症しないのか

 

ガン細胞は日々体の中で生まれていますが、
それがすぐに、治療が必要な病気として現れるわけではありません。

 

体には、病原体や異常な細胞を攻撃する、
免疫という仕組みがあります。

 

免疫がガン細胞を攻撃し、増殖を抑えられている間は、
ガン細胞は命を脅かすほどの脅威にはならないのです。

 

PR====
ブロリコを検討中なら、
まずはサンプルが同封される資料を取り寄せてみませんか?
▼▼▼



======

 

ガン細胞に対する免疫の働き〜キラーT細胞とNK細胞の違い

 

 

免疫として機能する細胞は何種類かあり、
中でもキラーT細胞とNK細胞は、
ガンの免疫療法において重要になります。

 

 

キラーT細胞は、異常な細胞にあらわれる目印を見分けて、
ガン細胞を攻撃します。

 

その目印とは、
がん抗原とMHCクラス Iです。

 

※がん抗原は、ガン細胞特有のタンパク質などを指します。
おおまかには、ガン細胞の目印といえます。

 

ちなみに抗原とは、抗体(体内にある異物を攻撃するための物質)を
作り出す反応を引き起こす物質です。
ウイルスや病原菌や花粉も、抗原のなかに入ります。

 

MHCクラス Iは、
樹状細胞という、キラーT細胞を活性化する細胞が、
がん抗原を取り込んで分解して作り出す物質です。

 

キラーT細胞は、
がん抗原とMHCクラス Iの両方を認識してはじめて、
ガン細胞を「敵だ!」と認めて、攻撃するようになります。

 

 

 

キラーT細胞がガン細胞を攻撃するには、
がん抗原とMHCクラス I分子という、
ふたつの目印がなくてはなりません。

 

ここで問題になるのは、
ガン細胞の中には、MHCクラス Iを現さないものがあることです。

 

MHCクラス Iを現さないガン細胞は、
キラーT細胞にとっては目印が1つ欠けていることになるので、
攻撃の対象になりません。

 

このように、
ガン細胞の中にはキラーT細胞では
対応できないものがあります。

 

ただ、だからといって免疫のすべてが、
目印が欠けているガン細胞に
対応できないわけではありません。

 

 

キラーT細胞では対応できないガン細胞に
有効と言われているのが、NK細胞です。

 

 

NK細胞はMHCクラスIがないガン細胞も、
異常な細胞であると見分けて攻撃できます。

 

 

 

 

 

 

記事の情報源となっているサイト

 

一般向けの薬の情報から薬学の専門分野の情報解説サイト
https://kusuri-jouhou.com/immunity/hakai.html

 

再発転移がん治療情報 ガン細胞にも個人差がある
http://www.akiramenai-gan.com/medical_contents/da_treatment/treatment04/22155/

 

ウィキペディア ナチュラルキラー細胞
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BC%E7%B4%B0%E8%83%9E

 

医療法人社団 ニューシティ大崎クリニック 高活性NK細胞療法について
http://www.nco-clinic.jp/nkcell/aboutnk.html

 

PR====
ブロリコを検討中なら、
まずはサンプルが同封される資料を取り寄せてみませんか?
▼▼▼



======

免疫用語のまとめ

ブロリコの公式ページを見てみると、
いろいろと聞きなれない言葉が出てきますよね。

 

そこでウィキペディアなどを見てみるのですが、
やはり難しく書いてあり字数も多く、
嫌になってしまうかもしれません。

 

 

そこでここでは、
できるだけ簡潔に、免疫についてまとめました。

 

 

免疫とは

 

体内で生まれるがん細胞や、
侵入した病原体などの異物に抵抗する体の仕組み。

 

免疫細胞として働く細胞には、
NK細胞、樹状細胞、マクロファージ、
Th1細胞、B細胞、CLTなどがあります。
免疫には獲得免疫と自然免疫があります。

 

獲得免疫とは

 

獲得免疫は、樹状細胞が発信した情報を受け取り、
ある決まった病原体やがん細胞を排除する免疫です。

 

身近な例として、ワクチンの摂取で得る免疫があります。
ワクチンは無害化した病原体を接種し、
その病原体の情報を獲得免疫に覚えさせ、
同じものが入ったときに抵抗できるようにするためのものです。

 

 

樹状細胞とは

 

樹状細胞は、病原体やがん細胞などの異物の情報を取り込み、
獲得免疫に伝える免疫細胞です。

 

枝を伸ばした木のような姿をしています。
このような姿の細胞を何種類かまとめ、樹状細胞と呼びます。

 

 

CLTとは

 

CLTはリンパ球の一種で、
キラーT細胞と呼ばれます。

 

病原体に感染した細胞、ガン細胞、
体外から移植された細胞など、異常な細胞を排除します。
樹状細胞からの情報に従って働く免疫細胞です。

 

 

 

B細胞とは

 

B細胞はリンパ球に一種で、抗体を作ります。
抗体とは、他の免疫細胞が異物を見分けるための目印になったり、
異物を無害化したりする物質です。

 

Th1細胞とTh2細胞とは

 

Th1細胞とTh2細胞はリンパ球の一種で、
他の免疫細胞の働きを補助します。
ヘルパーT細胞とも呼ばれます。
他の免疫細胞を活性化する物質を作る、免疫の司令塔です。

 

 

 

 

 

自然免疫

 

自然免疫は、私たちが生まれつき備えている免疫です。
体内にある異物をいち早く攻撃します。
情報に従い働く獲得免疫とは違い、
攻撃する異物の種類を決めずに攻撃できます。

 

病原体などの異物には共通した特徴があり、
正常な細胞とは違いがあります。
自然免疫は幅広い異物に当てはまる
特徴を見分け、対応します。

 

 

NK細胞

 

NK細胞はリンパ球の一種で、
ウイルス感染細胞やがん細胞などの異常な細胞を攻撃します。
体内に異物があるときに、最初に働く免疫細胞です。

 

 

 

マクロファージ

 

マウロファージは白血球の一種で、
細菌や死んだ細胞やウイルスなどの異物を捕食し消化します。

 

 

免疫が働く順番

 

体内に異物が侵入(または発生)すると、
まず自然免疫が働きます。

 

自然免疫は異常な物体に共通する特徴を目印にして、
異物を攻撃・排除します。

 

しかし、自然免疫も万能ではありません。
有害な異物を取りこぼしてしまうことがあります。

 

自然免疫の後に獲得免疫が働き、
自然免疫が対応できなかった異物をカバーします。

 

 

PR====
免疫活性化のための新成分
詳しくはこちらのサイトで
▼▼▼



======

ナチュラルキラー細胞の作用(働き)

ナチュラルキラー細胞の作用(働き)はウイルス感染を予防し、
腫瘍細胞を攻撃することです。

 

1970年代に見つかったナチュラルキラー細胞は、
これまで知られていたリンパ球とちがい、抗原がなくても作用します。

 

生まれながらにウイルスや腫瘍細胞の殺傷力を備えているということで、
ナチュラルキラー細胞と呼ばれます。

 

これまで知られていたリンパ球にはT細胞とB細胞があり、
T細胞やB細胞の免疫機能が働きだす前に、初期の段階でウイルスを攻撃する作用があります。

 

ナチュラルキラー細胞は細胞の活性が低下すると、
免疫抵抗力が落ちて、風邪を引きやすくなったり、体調を崩しやすくなったりします。

 

生まれながらに備わっているリンパ球なので、
40歳ごろから次第に低下し始め、ストレスの多い生活をしているとさらに低下します。

 

自分の体を細菌や異物、がん細胞などから守るため、
普段からナチュラルキラー細胞を活性化するように、免疫力を高めておくことが大切です。

 

PR====
免疫活性化のための新成分
詳しくはこちらのサイトで
▼▼▼



======

ナチュラルキラー細胞を活性化する健康食品

フコイダンは海藻類の粘り気に多く含まれる食物繊維で、
がんを抑制する健康食品として知られ、ガゴメ昆布のフコイダンは
ナチュラルキラー細胞を活性化すると確認された健康食品です。

 

ナチュラルキラー細胞が活性化すれば、
がんやウイルス感染細胞を抑制することができます。
特にガゴメ昆布のフコイダンはわかめやメカブ、
もずくなどと比較してがん細胞抑制効果が高いです。

 

フコイダンには抗がん作用の他、
抗酸化作用、抗菌作用、体の傷の修復作用、
胃の粘膜保護作用、胃潰瘍症状改善作用、
コレステロール低下作用が報告されています。

 

また、きのこテルペンはブナシメジに含まれる苦み成分のひとつで、
抗がん作用が発見された健康食品です。

 

がん細胞の転移を抑制する作用も報告されています。
ナチュラルキラー細胞を活性化するガゴメ昆布のフコインダンと、
きのこテルペンを一緒に摂取することで、それぞれ摂取するより、
がん抑制効果が高くなることが分かっています。

 

PR====
免疫活性化のための新成分
詳しくはこちらのサイトで
▼▼▼



======

ナチュラルキラー細胞の活性化で得られるメリット

ストレスやうつ状態ではナチュラルキラー細胞の働きが不活性化し、
免疫力が落ちて病気になりやすいですが、
逆にナチュラルキラー細胞を活性化することができれば、
病気の症状を改善する効果や元気な体を取り戻せそうです。

 

また、がんを完治された方が一番心配するのは、再発、転移ですが、
ナチュラルキラー細胞を活性化することができれば、再発や転移を防ぐことが可能です。

 

他にも「体力が戻ってきた」、「元気になった」、「体が軽く感じる」という体験者の声があり、
ナチュラルキラー細胞が活性化したことで、効果を体感した人たちは多いです。

 

特に長い闘病生活で心身ともに消耗し、疲れ果ててしまった患者さんは、
治療に対して意欲を持てない状態のことが多いです。

 

体力が戻って来て、体を軽く感じるようになれば、
身も心も元気になり、自然と治療に対しても前向きになることができます。
自分の体や体力に自信を持つことができるのは大きいと思います。

 

PR====
免疫活性化のための新成分
詳しくはこちらのサイトで
▼▼▼



======

ナチュラルキラー細胞の主な働き

ナチュラルキラー細胞はリンパ球の一種で、
ガン細胞やウイルスなど体内の異物を排出し、
ナチュラルキラー細胞が活発に働くと、ガン予防効果や感染症予防効果が期待されています

 

あまり知られてないですが、健康な若い人の体にも
1日に3〜5千個のがん細胞が毎日発生している事実があります。

 

人間の体内にはそれをはるかに上回る50億個のナチュラルキラー細胞があり、
その働きが活発であれば、ガンや感染症にかるリスクが低くなります。

 

 

ナチュラルキラー細胞を活性化させる簡単な方法が「笑う」ことです。
「笑う」と免疫のコントロール機能をつかさどる脳内の組織に興奮がつたわり、
善玉の神経ペプチドが情報伝達物質として活発に生産されます。

 

その後、血液やリンパ液を通って体中に広がり、
ナチュラルキラー細胞にくっついて活発に働くようになります。
「笑い」は免疫システム全体のバランスを整えてくれるので、
明るく笑うことを心がけたいですね。

 

PR====
免疫活性化のための新成分
詳しくはこちらのサイトで
▼▼▼



======

ナチュラルキラー細胞活性とウォーキング

体の健康維持に必要な免疫力は、ウイルスを退治する力で、
一般的にナチュラルキラー細胞と呼ばれます。

 

ナチュラルキラー細胞は運動しないと活動が低下するので、
ウォーキングなど体を動かすことが必要です。
軽いウォーキングでも体を動かせば、
血液の循環がよくなり、活動が活発になります。

 

 

ナチュラルキラー細胞活性と運動習慣の関係性をグラフにすると、
運動習慣のある人はナチュラルキラー細胞の働きが活発です。

 

ただし、トレーニングが一般の人よりハードなアスリートは、
風邪など感染症にかかる確率が高いことも知られています。

 

例を上げるとフルマラソン選手は、
競技終了から2週間以内に選手の5〜7割が風邪を引くという報告があります。

 

 

運動がハードでも免疫力が低下しますので、
ウォーキングやジョギング程度の軽めの有酸素運動を、
継続して行うことが免疫力を高めるのに有効です。

 

楽しみながらウォーキングすると、免疫力が強化されるので、
気のあう仲間と楽しく続けられるとよいですね。

 

 

 

PR====
免疫活性化のための新成分
詳しくはこちらのサイトで
▼▼▼



======

免疫を高めるために


ホーム RSS購読 サイトマップ