きのこがガンに効く?/まいたけ、しいたけ、なめこの成分の特性

キノコがガンに効く?そのように言われる理由とは


キノコは、ダイエット中の方や
食事に気を使う方にとっては、
食卓でおなじみの食材ではないでしょうか。

 

しいたけ、まいたけ、なめこなどなど、
これらキノコの良さは、ローカロリーと豊富な食物繊維。
さらに、グルタミン酸などの旨味成分によって、
料理を味わい深くしてくれます。

 

しかし、そのように身近な食材が、
ガンに効く、と言われるとどうでしょうか。

 

怪しいように感じられる方も、
少なくないと思います。

 

どうしてキノコはガンのケアに良いと
言われているのでしょうか?
ここでは参考になりそうな情報をまとめました。

 

 

 

キノコに含まれる成分【βグルカン】

 

 

 

きのこには
βグルカンという成分が含まれています。
βグルカンは食物繊維の一種です。

 

食物繊維は便秘の改善のために、
積極的に摂取したい成分ですが、
βグルカンの可能性は、便秘の改善だけではありません。
βグルカンには、免疫力を高める作用があるとされています。

 

 

 

 

 

ちなみに免疫とは、人の体に備わった、
体を有害な異物から守るための仕組みです。

 

有害な異物の中には、
外から体の中に侵入してくる、最近やウイルスなどのほか、
体の中で生まれるガン細胞も含まれます。

 

これらの有害な異物が体の中で
好き勝手に勢力を広げると、
人はガンなどの病気になってしまいます。

 

そのような事態を防ぐのが、
免疫という仕組みです。

 

 

 

βグルカンは、この病気を防ぐ免疫を
活性化する作用があるとされています。

 

免疫を活性化することは、
ガンを予防したり、進行を抑えたりする上で、
大切なポイントになります。

 

 

 

免疫とガンの話

 

 

体の中では毎日ガン細胞が生まれている

 

 

人の体は毎日、
新たに作られる部分と、古い部分が入れ替わっています。

 

髪の生え変わりや、肌の新陳代謝など、
目に見える部分はもちろんのこと、
肉眼では確認ができない細胞も、
新しいものが毎日作られ、
古いものと入れ替わりながら機能しています。

 

このように、毎日新しい細胞が作られる中では、
正常に働いてくれる細胞だけではなく、
ガン細胞といった異常な細胞も生まれてきます。

 

しかし、ガン細胞が体の中で作られても、
それが必ず増殖して、
体に致命的な悪影響を与えるわけではありません。

 

生まれてくるガン細胞は、
免疫によって攻撃されて、無害化するからです。

 

人の体はガン細胞を作り出してしまう一方で、
それが体の中で好き勝手に増殖して病気にならないように、
体を守る仕組みも持っているのですね。

 

 

 

免疫は衰える

 

 

免疫は体を守るために必要な仕組みです。
活発に働いていてほしいものですが、
この仕組はさまざまな原因で衰えてしまいます。

 

誰にとっても無縁ではない加齢、
ストレス、不規則な生活や、食事内容など、
免疫を衰えさせる原因は、
多くの人にとって身近なものです。

 

免疫が衰えるとは、
ガン細胞や病原菌から体を守る仕組みが
弱くなることを意味します。

 

免疫が弱まり、
ガン細胞の勢力が免疫をの力を上回ってしまうと、
ガンは一気に、体内での拡大していくおそれがあります。

 

 

 

ガンなど病気の予防には免疫が大切

 

ガンなどの病気を予防するためには、
免疫を十分に機能させることが大切です。

 

 

そのため、βグルカンといった
免疫を活性化するとされている成分は、
サプリメントの主成分としても注目され、
研究や製品化が進んでいます。

 

 

 

βグルカンの機能については、
小林製薬、日清製粉といった老舗の企業も着目しており、
サプリメントの研究、開発を行っています。

 

 

 

噂話で何となく、
キノコの成分がガンにいいらしいと言われている…
というだけではないのですね。

 

 

 

 

※参考サイト

 

きのこらぼ https://www.hokto-kinoko.co.jp/kinokolabo/jiten/jiten06/
ヘルスケア大学 http://www.skincare-univ.com/article/006728/
βグルカン協議会 http://bga.jp/news/news_detail3.php?fl=1469321310

 

記事をかくさいには、
情報源として、個人のサイトを避け、
企業のサイトや、医師が監修した記事を参考にしています。

 

 

 

 

免疫力を活性化するための成分

 

 

免疫を活性化するとされている成分には、
きのこに含まれるβグルカンのほか、
もずくなどに含まれるフコイダン、
ブロッコリーなどに含まれるスルフォラファンなど、
さまざまなものがあります。

 

それらの成分は、試験によって
免疫を活性化する度合いが測定されており、
どの成分が強力に免疫を活性化するのか、
研究されています。

 

その研究の結果、
βグルカンよりも強力に免疫を活性化する成分が
発見されています。

 

ブロリコという成分です。

 

今まで聞いたこともない、という方も
多いかもしれませんね。

 

 

ブロリコはブロッコリーから抽出される新成分

 

 

ブロリコは、2010年より後に
サプリメントとして製造、販売されるようになった新成分です。

 

 

ブロリコはブロッコリーから抽出される成分で、
免疫を活性化する可能性が、
人を対象とした試験で検証されています。

 

試験の結果は好ましいもので、
対象者20名がブロリコを1ヶ月継続して摂取した結果、
免疫が活性化していることが確認されました。

 

※試験前の後に行われた血液検査によって、
免疫が活性化したことが確かめられました。

 

 

ブロッコリーを食べて摂取できる?

 

ブロリコが良い成分なら、
ブロッコリーをたくさん食べればいいのではないか、
と思われるかもしれません。

 

ブロッコリーは栄養豊富な緑黄色野菜で、
スルフォラファンといった健康成分を含んでいます。

 

積極的に食生活に取り入れたい食材ではありますが、
ブロリコを摂取する目的には、適していません。

 

ブロリコは、ブロッコリーから特殊な方法で抽出し、
サプリメントに加工されたものでないと、
摂取できない成分です。

 

 

 

そう言われてしまうと、
サプリメントを販売する口実のように
疑われる方も多いと思います。

 

 

ブロリコの信憑性について、参考になる情報として、
販売者が取得している特許があります。

 

ブロリコの販売者である
イマジングローバルケア株式会社は、
ブロリコの抽出方法などについて、
東京大学と共同で特許を取得しています。

 

特許については、
イマジングローバルケア株式会社に問い合わせると
特許証のコピーを送ってもらえる他、
特許庁に関連したサイトでも確認できます。

 

 

特許を取得するには、
行政機関の審査をクリアする必要があります。

 

イマジングローバルケアが特許を取得しているとは、
メーカー内ではない第三者によって審査され、
審査基準をクリアしていることになるのです。

 

 


特許についてはサイト内の、こちらの記事でもまとめています。

 

 

 

また、ブロリコは医師からも推薦を受けており、
医療機関用のサプリメントも販売されています。

 

特許を取得していることと、医師の推薦があることから、
ブロリコはサプリメントの中では、信憑性があるのではないでしょうか。

 

 

ブロリコについては、このサイト内の記事でまとめているので、
興味を持っていただけたときには、別の記事も
合わせてご覧ください。

 

関連記事
▼▼▼
ブロリコの効果を調べる上で知っておきたいこと
ブロリコと免疫の関係
ブロリコの特許について確認

 

 

 

 

興味を持ったときは

 

 

ブロリコを試してみようかと思ったときは、
まずは資料を請求してみませんか?

 

私が資料を取り寄せたときには、
3粒のブロリコがサンプルとしてついてきたので、

 

飲める味なのか?
一度飲んだだけで体に合わないと感じないか?

 

検討するには十分な量です。

 

 

資料を請求するには、こちらをクリックして
ブロリコ研究所というサイトへ移動してください。
▼▼▼


 

 

少し手間はかかりますが、
返金保証を利用して、本製品をお試しするという方法もあります。

 

こちらは一度お金を払って、ブロリコを購入することになりますが、
さいしょの1箱目については、気に入らなかったときには
返品不要で全額返金してもらえます。

 

 

本製品でお試しするには、
こちらをクリックしてブロリコ公式販売ページへ
移動してください。

 

▼▼▼



ホーム RSS購読 サイトマップ