免疫下がる食事

気を付けたい!免疫を下げてしまう食生活

免疫が落ちてしまうと、
風邪をはじめさまざまな病気にかかりやすくなります。

 

不調を感じずに健康であるためにも、
免疫が低下しないように
日々気を付ける必要があるでしょう。

 

食生活も免疫には大きく関係してきます。
免疫力を下げてしまう食事習慣について紹介します。

 

 

栄養が偏った食事で免疫が下がる

 

 

忙しいときはついつい
外食やインスタント食品などで
食事を済ませてしまいがちです。

 

けれどもそうした食事が続くと
野菜不足になり、
バランス良く栄養成分が摂取できません。

 

好き嫌いが多い人も同じく、栄養が偏ってしまうでしょう。

 

 

免疫力を下げないためには、
ビタミン類やミネラル、たんぱく質などの
栄養成分が体内に不足しないような
食事が望ましいと言えます。

 

足りない栄養成分は
サプリメントなどで補うことも
ひとつの方法ではありますが、
やはり毎日の食事こそが
筋肉や骨を作り内臓の働きを
正常化してくれるでしょう。

 

できるだけ自炊するようにして、
バランスの良い食生活を心がけたいものです。

 

 

 

朝食を抜く人、夜食を摂る人は要注意

 

早起きするのが苦手で朝の時間がなく、
朝食は食べないという人もいるでしょう。

 

また仕事帰りが遅くて
毎日の夕食が深夜になってしまい、
食べてすぐに寝る人も見られます。

 

朝食抜きや夜食の習慣も、免疫を下げてしまいます。

 

 

まず朝食を抜くと、
1日に必要なエネルギー補給ができません。

 

また朝食をべないために
胃腸の機能も活性化されずに
1日が始まってしまうというデメリットがあります。

 

腸内環境も悪くなり、
朝のお通じがない人も多いはずです。

 

これから1日頑張らなければいけないのに、
栄養成分も足りておらず
内臓機能も鈍っている状態は、
免疫低下につながります。

 

力が出ないのでウイルスに感染しやすくなりますし、
前日の疲労も回復しにくくなるでしょう。

 

また夜食癖は、食べたものが
きちんと消化されていない状態で眠ることになります。

 

その結果、胃などの内臓も休むことができません。

 

免疫はこのように
食事をする時間や回数も関係してきます。
1日3食を適切な時間に摂る
規則正しい食事のリズムが、免疫低下を防ぐのです。

 

 

早食いも免疫低下に

 

仕事が忙しい人や大食いの人は、
ついつい早食いしてしまうものです。

 

早食いというのは、
食べ物をしっかり噛まずに飲み込んでしまいます。

 

実はこうした食べ方も
免疫低下につながるので注意が必要です。

 

人間は歯で食べ物を噛み締める咀嚼行為により、
唾液が分泌されます。

 

唾液には殺菌効果があり、
口内で増殖するさまざまな菌を抑制してくれるのです。

 

ところが早食いをして咀嚼しない人は
唾液分泌も減りますし、
食品が砕かれた状態で体内に入ってこないので
消化吸収もしにくくなります。

 

その結果、体内に菌が入りやすくなる上に
栄養成分の吸収もスムーズに行われず
免疫が下がるのです。

 

食事の際にはよく噛んで
ゆっくり食べるように心がけることが、
免疫向上のために大切と言えます。

 

 

 

 

とは言われても・・・と思ったら

 

 

免疫を活発に働かせるための良い食習慣、
良くない食習慣は、書くだけなら簡単なことです。

 

バランス良く、偏食をせずに、
野菜をしっかり取り、3食を規則正しく・・・

 

これは、免疫力に関係なく、
健康維持のためという理由でも、
一般的に推奨されている、理想の食生活です。

 

 

 

 

ただ、それを言われてすぐに
誰もが理想通りの食生活に切りかえられるなら、
誰も生活習慣病などにはなりません。

 

 

免疫力を保つためとはいえ、
なかなか切り替えるのが難しいのが生活習慣です。

 

 

急に大きな変化を求めると、
かえってストレスになり、
長く続けられないように思います。

 

これは食習慣に限らず、
何か新しいことを始めるときに、
幅広く当てはまることですよね。

 

簡単に続けられる、小さなことから変えていくほうが、
無理なく生活を変えていけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

免疫力を保つために、何か生活習慣を変えていくなら、
こちらの情報は一見の価値があります。
▼▼▼


 

 

 

 

 




ブロリコ利用を検討中ならチェックしたいこと


ブロリコは公式サイトで、
全額返金保証つき、
初回の1箱目が大幅割引になる特典があります。


※公式サイトはこちら
▼▼▼
「ブロリコ半額コース」募集



サンプル代わりのお試し品として
本製品を利用できるということですが、
いきなりお金を払うことに抵抗があるのも自然なことです。


また、初めての方の場合
においや味が受け付けなかったり、
体調や体質との相性が悪かったり・・・


ということもあるので、まずは無料のサンプルから始めたほうが、
合わないと感じた時に、返金を申し出る手間がかかりません。



体との相性を確認するなら、こちらの資料請求が使えます。

私が資料を取り寄せたときには、
一回分のサンプルがついてきたので、
試供品の代わりとして十分です。

請求のために住所などの個人情報を教えた途端、
要らないメールや郵便物の嵐!
ということにもなっていないので、
資料を請求して企業の対応にも安心できましたよ。


資料を請求するときは、こちらの画像をクリックして、
ブロリコ研究所へ移動できます。
▼▼▼






※資料請求でどんな物が届くか
詳しくはこちらのページでレポートをまとめました。
▼▼▼
ブロリコ資料請求レポート



90粒入りをじっくり試したいときはこちら
▼▼▼




ホーム RSS購読 サイトマップ