UA-40218979-1

免疫睡眠

良質な睡眠を取ろう!睡眠不足がもたらす免疫力の低下とは?

睡眠時間の不足や質の低下、
免疫への悪影響が気になっていませんか。

 

現代は仕事場の24時間営業も珍しくはなく、
それに合わせて働く人も、
夜は眠り朝起きるという、
規則正しい生活を送るのが
難しい場合があります。

 

睡眠不足は仕方がない面もありますが、
健康に良くないことも確かです。

 

質の良い睡眠と十分な睡眠時間は、
人が健康に生活する上で大切なことです。

 

免疫とも浅からず関係があります。

 

 

 

質の良い睡眠の重要性とその役割

 

 

良質な睡眠を毎日取れるようにすることは
免疫力を向上させるのにつながる重要な取り組みです。

 

人は昼間の活動をしている時間帯に
溜まってしまった疲労を
眠っている間に修復する機能を持っています。

 

この修復機構が正しく機能していないと
免疫系が正常に働かなくなってしまう
おそれがあるのです。

 

 

昼間の活動中に
細菌やウイルスなどに遭遇して体内に入っても、
すぐに感染が成立するわけではありません。

 

感染してしまう前に
免疫系が十分に機能すれば
問題はないのです。

 

睡眠中は身体的な活動レベルが低下する代わりに、
体内での代謝活動が活発になります。

 

その一つとして免疫活動も
精力的に行われるため、
十分に睡眠時間を確保することによって
効率的に免疫活動を行わせて
外敵を排除することが可能です。

 

感染が成立しても初期の段階で睡眠を取り、
免疫を活性化させれば
こじらせてしまうこともあまりありません。

 

このような感染防御を行うための時間として
睡眠時間が必要になるのです。

 

 

 

では睡眠不足だとどうなるのか

 

 

睡眠が十分に取れていないと
疲労が蓄積することになります。

 

 

疲労の原因には様々な説がありますが、
基本的には身体が強い酸化ストレスを
受けてしまって元通りに戻せない状況や、
疲労物質が蓄積してしまう状況と
解釈されているのが一般的です。

 

 

酸化ストレスが溜まると
体内に活性酸素が多くなりがちになります。

 

免疫系の応答の調節には
酸化力の低い活性酸素を使用していますが、
その機能が体内にある活性酸素によって
紛らわされてしまって
正しく機能しなくなってしまうのです。

 

 

 

また、疲労物質の蓄積によって循環が悪くなると
免疫応答を行うためのエネルギー源である
酸素や栄養が組織に行き届かなくなってしまい、
免疫力が低下することになります。

 

疲労の回復のために
代謝エネルギーも使われてしまい、
免疫系を充実させるのに
必要な栄養が不足してしまって
全体的に抵抗力が低下することにも
つながるのも問題です。

 

 

睡眠不足により
頭が働かないということがよくありますが、
基本的には神経系の疲労によって
もたらされている現象です。

 

この状況になると自律神経による免疫系の調節や
免疫細胞の活性化が
正しく行われなくなってしまっています。

 

そのため、外敵が侵入してきても
速やかに免疫応答をすることができなかったり、

 

免疫系の異常な活性化が起こって
アレルギー反応を起こしてしまったりする
リスクが高まってしまうのです。

 

 

 

このような状況に陥らないためには
良質な睡眠を毎日取り、
朝になったら元気という状況を
続けることが肝心です。

 

 

ただ時間を確保すれば良いわけではなく、
身体に修復機能を発揮する時間だと
認識させるための深い眠りを
もたらすことが欠かせません。

 

人は深夜頃に
深い睡眠を取りやすい性質を持っているので、
日付が変わる前には眠るようにする
習慣を作るのが大切です。

 

風邪を引きやすかったり、
アレルギーがひどかったりする人は
睡眠を良質にするように心がけるのが
有効な対策として期待できます。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、今乱れている睡眠の習慣を、
理想通りに改善するのは簡単ではありません。

 

仕事の都合などを考えると、
睡眠を犠牲にするしかない場合も
あるのではないでしょうか。

 

 

生活習慣を改善するときは、
急に大きな変化を求めるよりも、
簡単に続けられることからはじめるほうが
無理がありません。

 

 

 

免疫保持のために簡単にできる何かを始めるなら、
こちらの情報は一見の価値があると思います。
▼▼▼


 

 

免疫を高めるために


ホーム RSS購読 サイトマップ