白血球増やす

食事と運動がポイント!白血球を増やすための方法を紹介

年齢と共に免疫力は
低下しやすい傾向にあるのですが、
中には免疫力を
維持できている人も少なくありません。

 

 

免疫力の高い低いは
さまざまなな感染症に
かかりやすいかどうかに関わっています。

 

 

免疫力を左右する大きなポイントとして
あげられているのが白血球の存在です。

 

 

白血球は体内に入り込んだ病原菌を
倒す役目を持っているので、
白血球の数が多いほど
感染症にかかりにくくなっていると言われています。

 

 

そのため普段から
白血球の数を増やすような
生活習慣を身につける必要があるのですが、
実際にどのようにすれば
白血球の数が増えるのかわからないと
言う人がほとんどです。

 

 

そこで今回は白血球を増やすための方法として
はどのようなものがあるのか、
白血球が増えるメカニズムなども含めて紹介していきます。

 

 

白血球が増えるメカニズム

 

 

まず白血球が増えるメカニズムとして
重要視されているのが、
自律神経と呼ばれている神経です。

 

自律神経は交感神経と
副交感神経に分かれているのですが、
いずれも興奮したり落ち着くことで
人体の環境を外気に合わせて
安定させる作用を持っています。

 

そして自律神経は
免疫関連の作用と
強いつながりを持っていると言われているため、
自律神経のバランスが安定すれば
結果的に白血球も増えて
免疫力を高められると考えられているのです。

 

 

実際にどうすればいいのか?

 

 

では実際にどのようにすれば
白血球が増えるのかというと、
簡単に言ってしまえば
「規則正しい生活習慣を身に着ける」
のが大切だと言われています。

 

 

例えば十分な睡眠をとったり
ストレスを溜めないようにする、
入浴を行う、乾燥を防ぐ、禁煙、深酒をしない、
体温を上げるなどが挙げられています。

 

これらはどれかひとつを行えばいいというわけではなく、
バランスよく行っていくことで
交感神経と副交感神経を
バランスよく刺激できます。

 

そのため自律神経を安定させやすくなっているので、
自然と白血球の数も増えていきやすいです。

 

ちなみに乾燥を防ぐのは鼻や喉、
口の粘膜を保護して
細菌やウイルスの侵入を防ぐための
行動となっています。

 

 

侵入する細菌やウイルスの数を減らしていけば
消費される白血球の数も少なくなるため、
結果的に白血球の数を維持したり
増やせるわけです。

 

また禁煙や深酒の予防も
免疫細胞を守るための行動なので、
こちらも白血球の減少を予防して
増やす方法になります。

 

 

運動と食事も大きなポイント

 

 

さらに生活習慣の中でも
特に白血球を増やすために
大切な行動として言われているのが、
適度な運動と適度な栄養バランスの取れた食事です。

 

運動に関してはエネルギー燃焼で
体温を上昇できるところも
白血球を増やせる大きなポイントと考えられていますし、
食事に関しては直接
白血球の生成をサポートする栄養素を
補給できるところがポイントです。

 

 

この2つの方法の中でも特に
食事は白血球を直接増やすための
重要な要素として指摘されているので、
免疫力を高めたいと考えている人は
生活習慣の改善と共に
運動を取り入れたり食生活を改善していくのが
大切になっています。

 

 

 

とはいえ、生活習慣を急に変えるのは、
簡単なことではありません。

 

今までやっていなかったことを始めるときは、
いきなり大きな変化を求めようとすると、
多少なりとも無理をする必要が出てきます。

 

 

健康のために無理なく生活を変えていくなら、
きっかけとして簡単なことから始めるほうが、
無理なく続けられます。

 

 

免疫力を高めるために何かを始めるなら、
こちらの情報は一見の価値があります。
▼▼▼



ホーム RSS購読 サイトマップ